地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > イエローストーン国立公園

    イエローストーン国立公園 掲載日 : 2007年4月19日 
イエローストーン国立公園  
 投稿者 : あすかさん
 カテゴリ : 観光地温泉
 場所 : アメリカ/ワイオミング
 座標 (緯度・経度) :
 44.46019945021234 , -110.8284750007074

世界で最初にできた国立公園がこのイエローストーンです。また、ワイオミング、モンタナ、アイダホにまたがっているアメリカ最大の国立公園で四国の半分の大きさがあるとは驚きですね。

空高く噴出す間欠泉が主なみどころですが、温泉を始めとして滝、渓谷、湖、山と自然が満喫できるところですね。





  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 0704190001

コメント欄


 No.1  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2011年04月19日 
北アメリカ最大の火山地帯に位置するイエローストーン国立公園では、ここ数年間で半径数キロの地面が大きく隆起している。
“超巨大火山(スーパーボルケーノ)”の活動が活発化した影響との見方もある。
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 1月20日(木)19時48分配信より抜粋
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110120-…
<地震のメカニズム>
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
http://www.nationalgeographic.co.jp/video/video_ti…

 No.2  投稿者 : けいさん 投稿日 : 2011年04月19日 
この映画をレンタルして観てください。
「合衆国壊滅/M10.5」 IとIIがあります。
http://www.discas.net/netdvd/dvd/goodsDetail.do?ti…

 No.3  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2011年04月19日 
了解。(^^;)
頻繁に起こる地震で地盤が不安定と考えられますね。
6月からの集中豪雨対策は必要でしょう。

 No.4  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2016年11月20日 
「酸性の熱水泉に転落し男性死亡、遺体は溶解 米イエローストーン国立公園」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-0000002…

ひえー! ((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル



イエローストーン国立公園にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  観光地の投稿

霧ヶ峰、エアコンじゃありませんよ

三段壁

ローマの休日の再現禁止

松山市駅の坊っちゃん列車

スカイレーター

車の森(International Car Forest)

ガラスのハイヒール教会

中央構造線 安康露頭

ラ・ジョンケラ

ドミノシュガー工場(廃墟・改装中)

公道を走るゴルフカート

めだか街道

大崩海岸

ドナウ川で遊覧船沈没

kupari リゾート地の廃墟群

ノストラダムスの生家

干満差世界一の湾

クマさんの生息地にお邪魔しているのは人間...

「隠し砦の三悪人」の撮影地

熱源がフィリピン海プレートの温泉

赤い湖水:ラグナ・コロラダ

「天空の城ラピュタ」の舞台

平成26年豪雪 奥鬼怒温泉 加仁湯

日本一広い露天風呂

帯広 新興マーケット

リワ・オアシス

白龍妃橋

ここどこ?東京です

ラオスの凱旋門

秘境駅「「清流みはらし駅」



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006