地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > アララト山

  アララト山 掲載日 : 2007年7月23日 
アララト山の画像/写真   『旧約聖書』にでてくるノアの箱舟が大洪水の後、流れ着いたとされる山です。先日のIQサプリで鳩のことをやってましたので探してみました。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : けいさん  カテゴリ : 観光地  場所 : トルコ
 座標 : 39.70452962957204 , 44.29673196159376 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)   Googleマップでみる   ストリートビューでみる (対応エリアのみ)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。


Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 0707230006

コメント欄


 No.1  投稿者 : あすかさん 投稿日 : 2007年07月23日 
こんな高い山に流れ着いたんですね。。。

 No.2  投稿者 : けいさん 投稿日 : 2007年07月23日 
とある文献によりますと・・・。
「巨大な大いなる水の源がことごとく張り裂け、天の水門が開いた、天の下にあるどの高い山々もすべておおわれた」
とあり、洪水が始まって150日間水は増え続けました。
次に「大いなる水の源と天の水門が閉じられ、雨がやんだ」
とありますので、地球上のすべての陸地が水没したようです。
水が引き始め、箱船が最初にとどまったところが、アララト山です。
方舟の大きさは長さ300キュピト(150メートル)、幅50キュピト(25メート ル)高さ30キュピト(15メートル)である。(1キュピトは人間の肘から中指までの長さ(約50cm))

 No.3  投稿者 : あすかさん 投稿日 : 2007年07月23日 
ノアの箱舟は、まったくの作り話とも思えませんが、どこまで真実なんでしょう。。。

 No.4  投稿者 : kikokiさん 投稿日 : 2009年01月03日 
写真 この山の近くを通ったことがあります。
孤峰ですね。周りはひたすら草原でした。
写真の中央やや左にうっすらと見えます。
今から20年前の写真です。

 No.5  投稿者 : むらさんさん 投稿日 : 2013年12月10日 
ノアの箱舟の話は真実です。洪水により当時の人類はノアの家族以外、全て滅びました。漢字の船の字の八、口はノアの家族八人が生き残った事を伝えているのです。そして、近い将来再び全世界的な滅びが到来します。そのことが聖書に予告されています。ハルマゲドンと記されています。その警告を世界中で宣べ伝えているのがエホバの証人です。これは真実です。生き残る方法はエホバの証人と聖書を学ぶことです。勿論無償です。聖書の記録は全て真実です。

 No.6  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2013年12月10日 
北極の氷が増えているそうです…
殺人寒波がやってくるのかね〜



アララト山にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  観光地の投稿

タイムズスクエア前のキャラクター達

ウサギ島

白糸の滝

ニイタカヤマ登った

坊野間県立自然公園を海から見る

セーヌ川観光

恵那峡

マルタの観光名所が倒壊

エレファントツアー

アメリカを見ながら入る野天風呂

かんざんじロープウェイ

遊覧船から見た富士山

中央アルプスに残る氷河痕

ドナウ川

バトゥ洞窟

観光協会のオバマ人形

五所川原立佞武多

弘前ねぷた

八戸三社大祭

青森ねぶた

韓国最南端の碑

大砲と機関砲

北回帰線太陽館

暗殺教団(アサシン)の城

韓国人の聖地

キャナルシティ博多

知床旅情

知床五湖と羅臼岳

紅葉の名所が撮影禁止に

今年のイグ・ノーベル賞は「股のぞき効果」



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015