地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 隕石の落ちた町

  隕石の落ちた町 掲載日 : 2008年1月23日 
隕石の落ちた町の画像/写真   1992年12月10日21時頃。島根県八束郡美保関町(現:松江市美保関町)に隕石が落下しました。
民家の屋根を突き破り、床下で発見された隕石は「美保関隕石」と名付けられ、この施設の4階で展示されています。
重さ:6.38kg、大きさ:25.2×14.1×10.6cm。
落下した松本さんのお宅には、「美保関いん石落下地(松本邸)」のモニュメントが建っています。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : けいさん  カテゴリ : 展示施設  場所 : 日本/島根県/松江市
 座標 : 35.57164454302281 , 133.2299799017807 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)   Googleマップでみる   ストリートビューでみる (対応エリアのみ)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。


Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 0801230001

コメント欄


 No.1  投稿者 : けいさん 投稿日 : 2008年01月23日 
この家が隕石の落ちた家だと思います。

35°34'15.56"N,133°12'59.97"E



隕石の落ちた町にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  博物館・美術館(展示施設)の投稿

0系新幹線と181系こだま

魚雷発射管室

第二次世界大戦博物館

カンザス宇宙博物館

高千穂鉄道のパノラマカー

お召し列車を牽引した機関車

福井工業大学のF-104J

北朝鮮が建てた銅像

フロリダの日本庭園

全米日系人博物館

ボロボロの展示車両

国蝶オオムラサキ

空き店舗を利用したビートルズサロン

世界最大級の長波通信設備があった送信所

期間限定の浮き橋

ニグロリーグ野球博物館

45口径40.6cm三連装砲塔

壱岐にある福岡市電

漫画会館

ツィオルコフスキー宇宙記念博物館

ホワイトザウルスの頭がもげる

ねぶたの家ワ・ラッセ

キヨッソーネ東洋美術館

日本庭園が素晴らしい美術館

国立西洋美術館世界遺産に登録へ

JAXA展示室

東武熊谷線を走った車輌

大鹿村中央構造線博物館

しんかい2000

民博ボヤ



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015