地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 玄倉川水難事故

    玄倉川水難事故 掲載日 : 2008年5月18日 
玄倉川水難事故の画像/写真   1999年に起きた水難事故で豪雨により18人のキャンプ客が犠牲になった事故です

再三の避難指示に従わなかった犠牲者の非常識な対応が問題となりました。

ここでは、犠牲者がキャンプを張っていた場所を示しています。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : ゲストさん  カテゴリ : 事故災害  場所 : 日本/神奈川県/山北町
 座標 : 35.42368684817053 , 139.069003842115 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 0805180022

コメント欄


 No.1  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2010年08月14日 
「今日は何の日?」8月14日。投稿間借り版。
今日は「1999年 - 玄倉川水難事故の日」です。

1999年8月13日より玄倉川の中州でキャンプをしていた会社員、子供6人を含むその家族、さらに社員の婚約者・女友達を含む18人が、翌日の熱帯低気圧の大雨による増水によって流され、社員5名と妻2名、1歳から9歳の子供4名、社員が連れてきた女性2名の13名が死亡した。
by wiki.

あの日から11年。事故の経過を今再び読み返すと、やはり何度も警告を受けたにも拘わらず、それを無視し続けた大人の無責任さに腹が立ちます。子供は怖くて逃げたかったかもしれない。口に出して言ったかもしれない。それを一部の無知で身勝手な、体だけ大人の判断によって封じられました。

この事故に関する動画がありますが、コメント内容がひどいものがあるので敢えてリンクはしません。確かに、この事故を引き起こした大人の責任に対しては、何を言っても構わないと思いますが、死者に鞭打つようなコメントが多いのには辟易を通り越して吐き気さえもよおしました。特に「喜劇にしか見えない」とか「愉快な動画を有難う」など、目を疑うようなひと言で片付ける心無さ、無神経さ。普段は言ってはならないと常識的に考える方でも匿名だから言えるのでしょうが、この多さ。日本人、どうなってるんでしょう・・・

 No.2  投稿者 : 通りすがりさん 投稿日 : 2010年09月08日 
突然のコメント失礼します。
私は、この水難事故の犠牲者のうちの一家族の方と知り合いでした。今、ようやく心の整理がついてこの事故について調べましたが、ネット特有の環境のせいか酷いことばかり書かれていて本当にやるせない気持ちでいっぱいです。確かに救助隊の方や地域住民の方々の注意に対して暴言を吐くということは許されないですが、マスコミの情報のみで判断されるのはどうなんでしょうかね。楽しいときに水難を予測できるのでしょうか?平気だったら気にしない人が実際は大勢いると思うし、あんな激しい水の中生きるか死ぬかの瀬戸際で安らかに穏やかにいられるほど強い精神力を持つ人間は果たしてこの世の中にどれほどいるのでしょうか・・・?

つまり私が言いたいのは、一方の情報のみで亡くなった幼なじみまでもが悪くいわれるのは本当につらいということです。その中でこちらのサイト様を見かけることができて少し救われました。
文章がまとまらずにすみません。ただ、未だに悲しみを引きずっている人間がいるということを誰か一人にでも分かっていただきたいと思い書き込ませていただきました。

 No.3  投稿者 : 子を持つ母の一人です。さん 投稿日 : 2011年02月10日 
偶然この事故の動画を目にし、思い出し、やはりショックで。どうしても信じられず…調べたりしてしまい…頭から離れずに数日が経ちます。
小学生の男の子の姿が忘れられず。

子を持つ、あまり出来のよくない母親の私ですが、
すぐそばの車に避難さえすれば良かったのではないか…、大丈夫だと思うなら尚更…、
出発前に、天気予報を確認して荷物を作ったりしないでしょうか、その際、子どもがいると妙に疑心暗鬼になったりしないものでしょうか…
私の勝手ですが、子どもたちが無念で悔しくて泣けてきます。

でもご本人たちこそが、残されたご家族こそ思いがあると思いますので、これを最期にもういいません。

ご冥福をお祈りし、私も教訓にします。

 No.6  投稿者 : 通りすがりさん 投稿日 : 2011年07月10日 
確かに、避けられるはずの事故が起こってしまったのは犠牲者の非常識な行動によるものが大きいと思う。

でも、13人もの命が実際に失われているにも関わらず、それを喜劇だとか愉快だとか言っている人間は一体なんなんだ。
不謹慎極まりない。神経を疑ってしまう。
どんな人の命であろうと、そこには尊厳がある。
誰に「人の命」を愚弄する権利があるのだろう。

 No.9  投稿者 : 通りすがりさん 投稿日 : 2011年07月29日 
亡くなられた方の知り合いにとっては悲痛な事件だと
思われるし、個人として茶化す気にはならない。

しかし、それを言うなら東京電力の経営陣にも
それぞれの社会関係があり、しがらみがある。

社会を維持していく上で、このような事件を起こす人は、たとえ本人相当の事情があったにせよ、やはり断罪されるべきだし、喜劇と称されても非道なことだとは感じられない。

子供たちを除き、この事件を擁護する人達は、現在の政治や総理大臣、すべてのものを批判せずにだらだらと許しあう社会を許容したらよいのではないかな。

 No.11  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2011年08月14日 
m(__)m 遠くからですが、手を合わせて、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたしております。

 No.12  投稿者 : 1児の母さん 投稿日 : 2012年08月21日 
流されるまでの間の子を持つ母の気持ちを考えると居たたまれません。後悔したでしょうね。

ただただ
子供がかわいそうでなりません・・・


 No.14  投稿者 : あーあさん 投稿日 : 2013年05月31日 
No.2の通りすがりさん

地元民のコメント等はネットから拡散したものですよ。
つーか、マスコミは終始、悲劇の論調でむしろ行政を攻めたてていましたが・・・
現にその後、行政においても救出体制の見直しが図られています。
いまどき、マスコミ等に責任転嫁のすり替えは通用しませんよ。

ただ、生き残った人たちは同じ過ちは繰り返してほしくないですね。

それこそ、ダーウィン賞ものだからね。

 No.15  投稿者 : 通りすがりさん 投稿日 : 2013年06月25日 
No.2の通りすがりさん

>楽しいときに水難を予測できるのでしょうか?

予測できるはずがないし、声を荒げて当然だと言いたいのですか?何度も警告されてますよ?
犠牲になった子供達が気の毒です。

 No.16  投稿者 : 通りすがりさん さん 投稿日 : 2013年07月23日 
「玄倉川キャンプ客溺死事件」
玄倉川のキャンプ客が溺死したニュースに微苦笑した。報道では彼らが
事務所員や警察官などの避難要請を何度も無視したとあったが、これは
記者の取材不足で、実は地元住民の私も彼らに避難を勧めていたのだ。
避難を勧めた私に対する彼らの態度は高圧的で不愉快極まりない物であった。
「水高が増えるから中州では止めた方がいい」といった私に若い男が
「大丈夫だよ。俺達は馴れてるから」と冷笑しながら反論。それでも
「私は地元の者だが、川は氾濫するよ。高台に行った方がいい。
子供もいるんでしょう?」と冷静に忠告したが、リーダー格が「放っておいて。
楽しんでんだよ」と放言したのを皮切りに「地元の人は臆病」「見張りを置くから
平気」「田舎人は他人のプライバシーを侵すのが趣味ね」などとの声が
広がったので、私は呆れ果ててきたくしたのである。
我が山北町はキャンプ地としては人気が高く大勢の方が来訪するが、
都会人は自然に関する知識が心もとない。「見張りを置くから平気」という
暴言がその象徴で、大雨時の川の急激な増水率を考慮すれば「見張り」は
ほとんど役にたたない。しかも地理に詳しい地元の人間を嘲笑する様では、
救いようの無いバカである。
そしてあのような結果に。テレビや新聞では「悲劇」のように取り扱っていたが、
私に言わせれば単なる「バカどもの必然的結末」にすぎない。そもそも彼らが
キャンプしていた場所は「キャンプ場」ではない普通の「川原」である。
(本来の「キャンプ場」はもっと高台)即ち彼らは死ぬべくして死んだのだ。
同情の余地など無い。ただ可哀相なのは子供だ(子供には大人のような判断
能力が無い)「あのおじいさんのいうとおりにしようよ」と言った小さな女の子の
言葉が忘れられぬ。無念だ。
(神奈川県山北町 匿名老人)

 No.17  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2013年07月23日 
時間もあったはず、救出体制のあり方に問題。m(_ _)m

 No.18  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2013年07月23日 
我が山北町はキャンプ地としては人気が高く大勢の方が来訪するが・・・
となれば、だいたいは危険個所は立ち入り禁止とすべきの配慮やね。
二度とないことを祈ります。

文末の「あのおじいさんのいうとおりにしようよ」と言った小さな女の子の言葉。

天使のささやきに気がつかなかったか・・・
子供に行かないでとか止めといてと言われたら信用すべし!
純粋なこどもの予測は的中します。

 No.21  投稿者 : GHOST1429さん 投稿日 : 2013年08月16日 
大人は“死んで当然”だったかもしれない。
でも、子供達はどうだろうか。
この事件では、自己責任云々よりも先ずその点を重要視しなければならない。
子供達を守るのが親の義務。 そして如何なる状況でも判断を誤ってはいけない。 
彼らは紛れも無く、子供達を“殺した”のだと思う。

 No.22  投稿者 : 子を持つ父親さん 投稿日 : 2013年08月30日 
そもそもキャンプ場所外でのキャンプ、絶対してはいけない中洲でのキャンプ。自然(天候も含め)を甘く見たド素人がゆえの出来事でしょう。こういう所、天候悪化の可能性も含め、論外ですね。

ド素人が軽装で悪天候を無視して強行した山岳遭難事故と被ります。

責任の無い小さい子ども達、赤ちゃん・・・大人が安全を確保するのが当然なのに罪の無い彼ら、彼女らを巻き込んで何人も大人がいたのに一体何を考えていたのでしょう。

海外も含め日常でない場所に行くのならサルや犬じゃないんだから情報収集を怠らず調べましょう。そして子を持つ親ならば自然が如何に危険が、日常でない場所に行く際は何が危険で何をしてはいけないが、何をすべきかキチッと教え伝えていきましょう。






 No.23  投稿者 : GHOST1429さん 投稿日 : 2013年08月30日 
 結局は経験と知識の問題。
その親も知識が無かった。
何が危険か、何をしてはいけないか。
 やっぱり、親となる以上はそれを総て知らないといけない。 知らない事は罪だと思う。 究極はね。 “知らなかったじゃ済まされない”ではなく、“知らないのがいけない”と。

 あと、子供が居る場では自分達の世界に完全に入り込まないこと。
入って6割。 後は子供に注意を向ける。 外からの声に耳を傾ける事。
 この事件は決して風化させてはいけない。 この事件から学べる教訓があるし、ここから何かを学ばなければ、生かさなければ、ここで亡くなった少年、少女達の死は無駄になってしまうんじゃないかな。 ただ、わがままな大人に殺された(言い方悪いね)だけだと、やっぱりうかばれないでしょう。 
 子供達にとって、あの場にいた大人たちは“親”なのだから。 そして、親の存在が絶対なのだから、子供達は逆らえなかったのでしょう。 
 だからこそ、親は絶対に間違ってはいけないし、間違いは“罪”になるのです。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  事故の投稿

TOKYO DESIGN WEEK 2016

2015年 ジャスティン・ウィルソンの事故

2014年 ジュール・ビアンキの事故

犀川スキーバス転落事故

1982年 インディ500予選 ゴードン・スマ...

2001年 越前本線列車衝突事故

2000年 越前本線列車衝突事故の衝突地点

1985年 日本航空123便墜落事故

宇宙人襲来?

飲食店で爆発事故 怪我人多数の模様

ダンプ衝突で橋の一部崩落。運転手が死亡。

佐柳島沖海保ヘリ墜落事故

1999年 T-33A入間川墜落事故

2000年 T-2女川墜落事故

2000年 ブルーインパルス牡鹿半島墜落事故

阪神高速3号神戸線

1982年 浜松基地航空祭 墜落事故

護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件

中国の高速道路の料金所にトラックが突っ込...

天六ガス爆発事故現場

八高線列車正面衝突事故の車輪

衝突位置を座標で言って欲しい

全日空機・自衛隊機衝突遭難現地附近要図

静岡県警ヘリコプター墜落事故現場

事故のパトカー、一時停止せず交差点進入か

福岡県京都郡苅田町富久町 交通事故・踏切...

吉澤ひとみの実弟 交通事故死

15分間の立ち去り、車の凹み

バイクの残骸の位置と壊れ方

エルトゥールル号が座礁した岩



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015