地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 日本三大崩れ(その一)

  日本三大崩れ(その一) 掲載日 : 2009年7月27日 
日本三大崩れ(その一)の画像/写真   「稗田山(ひえだやま)」、、、標高1428mのこの山は一般的にはまったく知られていない。
「この山の南東麓にあるのが白馬コルチナ国際スキー場、南麓にあるのが白馬乗鞍温泉スキー場」
といえば
「あぁ、あの山かぁ」
と思い出す人がいる程度である。
しかし、こと砂防関係者にとっては事情が異なる。この山は彼等にとって最も重視すべき山の一つなのである。

明治44年(1911年)8月8日午前2時過ぎ、稗田山の北西半分が幅8km、高さ300m、厚さ1kmに亘り大音響とともに金山沢の通称サトンボ地籍に崩落した。1億5000万立方mに及ぶ崩壊土砂岩塊は大土石流となって浦川の谷を一気に流下、旧盆の祭に打ち興じ疲れて眠っていた小谷村の人々に襲い掛かった。
浦川右岸の石坂集落では、巻き込まれながらも奇跡的に助かった妊婦1人を除く4戸17人を消し飛ばし、姫川との合流点を塞ぐ様にそびえる松ヶ峰に激突した。土石流はそこで、一部が勢いのままに比高100mを超える尾根を乗り越え県道を埋め立てた。残余は谷沿いに姫川になだれ込み、長瀬集落の1戸5人と富山の材木運搬人1人を飲み込んだ。大量の土砂はさらに合流点を埋め、幅110m、高さ65m、延長2kmに亘る巨大な天然ダムを形成した。
堰き止められた姫川には「長瀬湖」と呼ばれる湖が誕生し、水位は見る間に上昇していった。川尻、池原の集落は全戸が沈水、4km上流の下里瀬でもほとんどの家が沈む事態になった。長瀬湖の湛水域は5kmに達し、このままではさらに水位が増すことは間違いなく、8月11日、北城村、南小谷村の人々が役場の土木課員と警官の立会いの下、天然ダムに水路を穿つ事になったのである。
工事は順調に進むかに見えたが、翌12日にダムの一部が決壊、またもや大土石流が今度は姫川を流れ下った。危急の知らせが間に合ったので犠牲者こそ出なかったものの、穴平集落は足元を削り取られ、北小谷村の中心地の来馬集落は30ha
もの田畑、役場、学校、民家18戸、、、あらゆるものが20mを超える土砂の下になった。

この「稗田山崩れ」とよばれる災害の影響はそれに留まらなかった。翌年(1912年)4月23日、サトンボを給源とする土石流が再び発生。来馬の民家5戸を埋積、5月4日には3回目の土石流が浦川を流れ落ちた。7月21日から22日にかけて、今度は姫川の天然ダムが再決壊、河口までの30kmの区間に大被害をもたらすなど、ただでさえ暴れ川で名の知れた姫川流域が輪をかけて暴れ回るようになってしまったのである。
来馬集落は幅600mの河原に変じ、穴平集落は山頂部に移転せざるを得なくなった。影響は長々と続き流域住民を悩ませてきたが、1964年、再び稗田山が崩壊して土石流を発生させるにおよび、政府もとうとう重い腰を上げた。国直轄砂防事業として全長4.5kmしかない浦川に13基もの砂防ダムを建設したのである。その甲斐あって、1992年の土石流は被害をもたらさなかった。

稗田山崩れの原因は定かではない。当日は晴天であり地震もなかった。前年の秋に地鳴りがあったとも言われているが、ほとんど予兆らしい予兆もなしにいきなり大崩壊を起こしたのである。
しかし、もともと稗田山は、すぐ近くの白馬大池・風吹岳火山を給源とする数十万年も前の古い溶岩と火砕物が斜面に沿って斜めに堆積した崩れやすい構造(流れ盤構造)になっており、さらに熱水変性を受けて非常に脆い地質であるため、風化による自然崩壊の可能性が高いと思われる。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : 髭パパさん  カテゴリ : 災害  場所 : 日本/長野県/北安曇郡小谷村
 住所 : 日本長野県北安曇郡小谷村千国乙
(グーグルAPIで取得した座標の住所です。この住所は誤っていることがあります。)
 座標 : 36.78401233216324 , 137.8682456707744 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 0907270005

コメント欄




日本三大崩れ(その一)にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  災害の投稿

1959年 マルパッセダム決壊

2018年スラウェシ島地震 液状化

台風25号 まじヤバイ(^^;)

2018年スラウェシ島地震 津波を撮影した場...

2018年スラウェシ島地震 報道された被害の...

台風24号が関西に直撃しそうな進路…

厚真ダム・厚幌ダム

平成30年北海道胆振東部地震 報道された被...

フェラーリ51台全損

この火力発電所が停止したため全道が停電

胆振中東部で震度6強

平成30年台風第21号 報道された被害の一部

台風21号 非常に強い勢力に

2011年05月ミシシッピ川増水

台風20号(シマロン)おまえもか(^^;)

台風19号 かなり被害でそうm(_ _)m

お盆台風15号が九州へ直進中 大雨警告!

お盆台風14号参上!

台風13号が関東へ直進中 警告!

ラオス ダム決壊 修正版 再投稿

ラオス ダム決壊 再投稿

ラオス セーピアン・セーナムノイダムの補...

台風12号 熱海

台風12号、週末に本州上陸か…

2013平成25年09月20日 錫杖湖に母娘の遺体

梅河団地 高3犠牲者の遺体発見場所

倉敷市で大規模な浸水

台風8号 勢力を強め北上中

台風7号、沖縄本島接近へ

プールの壁が倒れ小学生が心肺停止



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015