地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 「今日は何の日?」

  「今日は何の日?」 掲載日 : 2010年5月20日 
「今日は何の日?」  
 投稿者 : アジャパーさん
 カテゴリ : 軍事
 場所 : マーシャル諸島
 座標 (緯度・経度) :
 11.59262258969668 , 165.3675151676528

「今日は何の日?」5月20日。
この日は「アメリカ合衆国がビキニ環礁で初めての水爆投下実験」を取り上げます。

ビキニ環礁については、あすかさんの「ビキニ環礁」等のページがありますが、環礁全体の写真として投稿させていただきます。m(_ _)m

1956年5月20日17:51。この日は「レッドウィング作戦」での、チェロキー(Cherokee)という実験が行われました。核出力は3.8メガトン。5月4日にレッドウィング作戦は始まりましたが、ラクロス (Lacrosse)という実験はエニウェトク環礁で行われました。
エニウェトク環礁については、けいさんの「エニウェトク環礁」のページ
http://earthjp.net/mercury/0707280003.html
ひまじんさんの「ルニットドーム」のページ
http://earthjp.net/mercury/0808020008.html
を参照してください。
また、ひまじんさんのコメントに出てきた、中ハシ克シゲ氏による「On The Day Project 1st March/ RUNIT dome」のページはこちらから。
http://ontheday.blogspot.com/

チェロキーの実験ですが、投下型熱核爆弾としてはアメリカ初の実験でした。爆弾には「Mark 15」という実用核融合兵器である水素爆弾が使われました。
wikiに概要がありますが、私にはチンプンカンプンです。
レッドウィング作戦では17回の実験が行われましたが、「全ての実験名は、実在したネイティブ・アメリカンの族名から取られている。」とのことです。ネイティブ・アメリカンにしてみれば、迷惑な話です(了解とったのか?)。
(上記内容一部はwikiより抜粋引用)

こちらに1945年から1998年までの核実験の場所と数が、視覚的に表された動画ページがあります。橋本公(Isao Hashimoto)制作。ちょっと長いですが、なにせ2053発ですから・・・
http://www.ctbto.org/specials/1945-1998-by-isao-ha…
それにしても、コレを見ると、人間ってなんのために地球上に出現したんだろうと思ってしまいます。

なお、ビキニ環礁については、
あすかさんの「ビキニ環礁」のページ
http://earthjp.net/mercury/0610290001.html
ろぴさんの「水爆」のページ
http://earthjp.net/mercury/0710160007.html
を参照してください。

またしても長文。お許しを。




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1005200005

コメント欄


 No.1  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2019年05月20日 
再度投稿。
今一度、いや、何度も見てください。
https://www.ctbto.org/specials/1945-1998-by-isao-h…
狂ってる。

 No.2  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年05月21日 
アジャパーさん、意味わからねっす。
橋本功
1959年、熊本県に生まれる。
外国為替ディーラーとして金融業界で17年間働きました。東京都武蔵野美術大学芸術政策学科で学ぶ。
現在、箱根のラリック博物館で学芸員として働いています。
芸術家の見解で、「核兵器の恐怖と愚行」を表現するアートワークシリーズを作成しました:

 No.3  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2019年05月21日 
意味って?
その意味がわからねっす。(w無しで)

 No.4  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年05月21日 
リンク先を翻訳して読んでみても「狂ってる」とされた意図をくみ取ることができません。投稿先が間違っているとか?ないっすかね?

 No.5  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年05月21日 
リチャード・ローズの「原爆から水爆へ」を技術的な側面で読みましたが、私が狂っていると思ったのは、それを美しい環礁で爆発させたことです。わからないのは何を「狂っている」とされたかです。

 No.6  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年05月21日 
何度も地球上で核爆発させている。そのことに対してなら納得できます。解かりにくいです。美しい海を核で汚染されるのは許しがたいです。核実験したければ、ワシントン近くでやれ。モスクワ近くでやれです。

 No.7  投稿者 : でこぼこさん 投稿日 : 2019年05月21日 
単純に核実験の多さに対して「狂ってる」と言われたんだと思いますよ。
自分もこの動画は前々から知っていましたが、見終わった後
同じ感想を抱きました。

 No.8  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年05月21日 
納得です。

 No.9  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年05月21日 
核兵器は、開発にも維持にも金がかかる。しかも、米・ロ・英・仏・中・印は別にして、一発でも行使しようものなら自国が滅びる。消滅させられるであろう。それでも持とうとする。恐怖→狂気なのか。自国の体制が崩壊するかもしれないという恐怖を無くせばいいのか?北朝鮮の例を見ても、難しいと思う。核兵器を無くすのは、哲学でも、理論でもない。米・ロ・英・仏・中の指導者の心意気のようなものだと思う。『こんな使えず、金ばかり食う兵器はいらない。こんなものを世界のパワーバランスの根拠にするのはやめよう』と思うだけでいいのだと思う。核兵器には分かりやすさがある。人工知能を持った兵器がどのくらいあると言われてもわかりづらい。指導者に別のパワーバランスの根拠を与えてやる必要があるのか?狂気(ほぼ宗教のようなもの)を消滅させる武器は経済性か?

 No.10  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2019年05月21日 
>。核実験したければ、ワシントン近くでやれ。

実際に都会でやりました・・・アホです。

シカゴ大学構内に設置された実験用小型原子炉シカゴ・パイル1号で、世界で初めてウランの核分裂の持続的な連鎖反応に成功した
http://earthjp.net/mercury/1012020001.html

科学者って頭良い(?)けど狂ってるんです。


あと「核」はもうパワーバランスで優位ではないです。
使ったら終わりと知っているのは先進国で途上国は持てば先進国がちょっと言うこと聞いてくれるかもしれないと思ってるツールでしかないです。

筒井康隆のSF「アフリカの爆弾 (1968年) 」を読むとよくわかりますよ。

「僕の本棚」
https://nino84.exblog.jp/3640703/

この中でブログ主は「観光客は本質が見えていないし、また原住民さえも本質を失いつつある。それが今の世界か。」
と言っていますが、「観光客」を「先進国」、「原住民」を「発展途上国」と置き換えるとわかりやすいかもしれません。

決して「先進国」と「発展途上国」を差別しているわけではありません。
「現状」を言っているだけです。



「今日は何の日?」にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  島の投稿

中国初の大型人工島

TSUSHIMA・RESORT

観光客を閉め出したら半年でサメが戻る

古代体験の郷・まほろば

クラカタウ島

フェリーから望む利尻富士

日本一高い送電線用鉄塔

大噴火で中央部が吹き飛んだ島

大量のトド

一筆書きのような島

焼尻島のオロロン鳥

北朝鮮木造船、無人島から家電などを盗む

のこのしまアイランドパーク

零戦とG3M

ロタ島の千本ヤシが立ち入り禁止

火山島の全住民に避難命令

海岸に大きい岩がゴロゴロ

地熱かまど

アナタハンの女王事件

ウサギ島

アメリカとカナダの国境の島

クジラの化石が眠る島

マルタの観光名所が倒壊

神津島最高峰

八丈富士

壱岐のモンサンミシェル

韓国最南端の碑

甑島が一つに

トランプ大統領が嫌ならカナダへどうぞ

北九州の猫島



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006