地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 「今日は何の日?」

    「今日は何の日?」 掲載日 : 2010年11月3日 
「今日は何の日?」の画像/写真   「今日は何の日?」11月3日。
今日は「711年(和銅4年9月18日) - 元明天皇の詔勅により太安万侶が『古事記』の編纂に着手の日」です。
GEの場所は「賣太神社」です。賣太神社(めたじんじゃ、売太神社)は奈良県大和郡山市の稗田環濠集落の端にある神社である。他に阿礼比売命(稗田阿礼)を祭神とする稗田神社(兵庫県揖保郡太子町)がありますが、なぜか、wikipediaのリンクでは、東京都大田区蒲田にある稗田神社が表示されます。こちらは祭神が誉田別命、天照大神、武内宿禰命、荒木田襲津彦命、春日大神。そこんところどうなんでしょう?

古事記(こじき、ふることふみ)は、その序によれば、和銅5年(712年)太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ、太安万侶(おおのやすまろ))によって献上された日本最古の歴史書。上・中・下の全3巻に分かれる。
『古事記』に登場する神々が多くの神社で祭神としてまつられ、今日に至るまで日本の宗教文化に多大な影響を与えている。
成立の経緯を記している序によれば、稗田阿礼が暗誦していた『帝紀』(天皇の系譜)・『旧辞』(古い伝承)を太安万侶が書き記し、編纂したものとされている。wikipedia.

その他
1931年 - 宮沢賢治が手帳に「雨ニモマケズ」を書き留める。
1949年 - 湯川秀樹にノーベル物理学賞が贈られることが決定。日本人初のノーベル賞受賞。
文具の日、まんがの日、ハンカチーフの日、いいお産の日、みかんの日など。

古事記は無茶苦茶面白いです。読まれていない方はご一読を。書籍の数も多くあり、原文、ちょい読むのが難しめのものから現代口語訳、小中学生向け、大人向け?などいろいろあって読み比べるのも一興です。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : アジャパーさん  カテゴリ : トピックス神社  場所 : 日本/奈良県
 住所 : 日本, 奈良県大和郡山市稗田町319
(グーグルAPIで取得した座標の住所です。この住所は誤っていることがあります。)
 座標 : 34.63933019681838 , 135.7963435125105 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)   Googleマップでみる   ストリートビューでみる (対応エリアのみ)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。


Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1011030004

コメント欄




「今日は何の日?」にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  ニュース(トピックス・話題の出来事)の投稿

通学路を暴走運転

浅草で立てこもり事件

ジャカルタでも自爆テロ

45年間逃亡の中核派逮捕

コンサート会場で自爆テロか?

3月6日のミサイル発射位置

広範囲で地割れ発生

松戸で通り魔

長野県で山腹が崩落し八世帯が避難

DSソフトにしか見えないビル

村おこしでカラフルにペイント

タイムズスクエアで車が暴走し1人死亡

総理のご意向?で新学部

武装集団が放送局を襲撃

小型ジェット機が墜落

不明の陸自機発見

お寺の敷地で不法残土が崩落

老舗旅館のお家騒動

Hwasong-12

母の日暗転、バスが崖から転落し23人死亡

ジョンソンタウン

住宅街にニホンカモシカ

松戸警察署の目の前で発砲事件

連続路上強盗か

斜行エレベーター、断線で運行制限

韓国大統領決まる

市議選の街宣カーが崖下に転落

栗原市で山火事、建物に燃え移る

ヤマルLNGプロジェクト

アパートが全焼し5人死亡



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015