地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 高層マンションにベランダは必要か?

    高層マンションにベランダは必要か? 掲載日 : 2016年4月11日 
高層マンションにベランダは必要か?の画像/写真   「6歳女児が43階建てマンション最上階から転落し死亡 家族が目を離したすきに…大阪・阿倍野」
http://www.sankei.com/west/news/160410/wst16041000…

はしご車が届かない階以上はベランダを作るにせよなんらかの対策をデフォでしておかないと・・・

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : アジャパーさん  カテゴリ : ニュース高層建築  場所 : 日本/大阪府
 座標 : 34.643770116429 , 135.5178307378819 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)   Googleマップでみる   ストリートビューでみる (対応エリアのみ)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。


Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1604110001

コメント欄


 No.1  投稿者 : 通りすがりさん 投稿日 : 2016年04月11日 
ベランダは作らざるをえないですからね。

廊下側が火に包まれてしまったらベランダがないと逃げられません。
はしご車が届く届かないではなく、ベランダは火災の際に隣家に逃げる通路になっています。
隣家との壁は簡単に突き破れる構造になっています。

子供の転落防止はマンション施工会社がどうこうする問題ではなく各家庭で検討すべきことと思います。
子供が住むかどうかわからないのに莫大な費用をかけることはあり得ません。

 No.2  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2016年04月11日 
法律が変わればありえますがね。
1mの手すりなんて大人でも怖いですね。
1m50にするのも惜しいなら他にもたくさんケチってそうで怖いですね。

 No.3  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2016年04月11日 
まあ〜なんともうしましょうか…そんな場所に住める人種は金に困らないやろうから、しっかり保険かけとうやろうたい…自己責任m(_ _)m

 No.4  投稿者 : けいさん 投稿日 : 2016年04月11日 
ベランダには鉄格子、最近は上の階から忍び込む泥棒がいるそうですから、防犯にもなるでしょ、洗濯物も飛ばないし。



高層マンションにベランダは必要か?にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  ニュース(トピックス・話題の出来事)の投稿

南北首脳会談の舞台

橋脚が傾き線路がゆがむ

閉鎖された旅館が崩壊寸前

林芳正文科相、昼間に公用車でヨガ通い

衣笠祥雄氏逝く

トロントで車が暴走し9人死亡

<健保組合>23%で解散の恐れ

家族旅行装い覚醒剤約30キロを密輸か、夫...

核兵器に転用可能な黒鉛生産施設を新設か?

都電の愛称は「東京さくらトラム」

スワジランドが国名変更

Z省 F事務次官

七歳の男児自転車にひき逃げされ重唱

爆撃を受けた化学兵器関連施設

シリアの化学兵器貯蔵施設

小平智、新婚旅行でPGAツアー初制覇

石灯籠が落下し歩いていた男性死亡

廿日市の女子高生殺害事件で13年ぶりに男を...

掩体壕から出て待避している戦闘機

看板が倒れ女性重傷

何が二人にあったのか?

職質中にパトカー盗み電柱に衝突

大分で土砂崩れ、6人不明

下校途中の女児が用水路に投げ落とされる

噴煙を上げる桜島

日本代表のキャンプ地

日本で唯一の塀のない刑務所

鹿児島で3人殺害事件

20年以上息子を監禁

朴前大統領に懲役24年の判決



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015