地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 高層マンションにベランダは必要か?

    高層マンションにベランダは必要か? 掲載日 : 2016年4月11日 
高層マンションにベランダは必要か?の画像/写真   「6歳女児が43階建てマンション最上階から転落し死亡 家族が目を離したすきに…大阪・阿倍野」
http://www.sankei.com/west/news/160410/wst16041000…

はしご車が届かない階以上はベランダを作るにせよなんらかの対策をデフォでしておかないと・・・

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : アジャパーさん  カテゴリ : ニュース高層建築  場所 : 日本/大阪府
 座標 : 34.643770116429 , 135.5178307378819 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)   Googleマップでみる   ストリートビューでみる (対応エリアのみ)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。


Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1604110001

コメント欄


 No.1  投稿者 : 通りすがりさん 投稿日 : 2016年04月11日 
ベランダは作らざるをえないですからね。

廊下側が火に包まれてしまったらベランダがないと逃げられません。
はしご車が届く届かないではなく、ベランダは火災の際に隣家に逃げる通路になっています。
隣家との壁は簡単に突き破れる構造になっています。

子供の転落防止はマンション施工会社がどうこうする問題ではなく各家庭で検討すべきことと思います。
子供が住むかどうかわからないのに莫大な費用をかけることはあり得ません。

 No.2  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2016年04月11日 
法律が変わればありえますがね。
1mの手すりなんて大人でも怖いですね。
1m50にするのも惜しいなら他にもたくさんケチってそうで怖いですね。

 No.3  投稿者 : ひまじんさん 投稿日 : 2016年04月11日 
まあ〜なんともうしましょうか…そんな場所に住める人種は金に困らないやろうから、しっかり保険かけとうやろうたい…自己責任m(_ _)m

 No.4  投稿者 : けいさん 投稿日 : 2016年04月11日 
ベランダには鉄格子、最近は上の階から忍び込む泥棒がいるそうですから、防犯にもなるでしょ、洗濯物も飛ばないし。



高層マンションにベランダは必要か?にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  ニュース(トピックス・話題の出来事)の投稿

学園の体育祭の時だけ乗降できる学生専用の...

中学生が空き家探検したら首つり死体が

津波から50人以上を救った歩道橋撤去へ

銀座最古のキャバレー閉店へ

日産のISO認証を取り消し

小学校で発砲事件

松山市内を乗用車が暴走

イタリアが60年ぶりにW杯出場を逃がす

沈下橋が沈下した

中学校の校庭が陥没

大阪府泉佐野市障碍者施設の送迎バス転落現...

台風の影響で最高潮位観測

私有地通行妨害トラブル

千葉県に奈良の大仏

全天候型60mトラックがあるドーム

都内にもあった夫婦駐在

夫婦警察官が勤務する駐在所

ヘリコプターが墜落4人死亡

民家にトレーラー突っ込む

薬局がたくさん

世界初の手作り餃子の自販機

テキサスの教会で発砲事件

デンバーのウォルマートで発砲事件

逃走車が街路樹に衝突炎上、死者2名

群馬のドイツ村が閉園へ

ニューヨークで車突っ込む

アパートに複数の遺体

立憲民主党本部お引っ越し

さいたま市の中学校でサル捕獲

中国科学院も北朝鮮に警告、もう一度核実験...



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015