地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 電柱に激突し車炎上、2人焼死。

    電柱に激突し車炎上、2人焼死。 掲載日 : 2017年3月31日 
電柱に激突し車炎上、2人焼死。の画像/写真   http://www.sankei.com/west/news/170330/wst17033000…

電柱に激突し車炎上、2人の遺体 神戸

30日午前2時45分ごろ、神戸市灘区上野通の市道で、乗用車が道路脇の電柱に衝突し炎上。
火は約30分後に消し止められたが、車内から2人の遺体が見つかった。
兵庫県警灘署によると、現場は片側1車線の緩やかな右カーブ。車は正面から電柱に衝突していた。
所有者は灘区の男性だったという。
灘署はハンドル操作を誤ったか、速度を出しすぎていたとみて詳しい事故原因を調べるとともに、身元の確認を急いでいる。

----------------
このカーブは地元では有名な事故多発地帯で、「魔のカーブ」と呼ばれているそうです。
確かに緩やかな下り坂のカーブなんでスピード出していたら危ないかも。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : でこぼこさん  カテゴリ : ニュース事故  場所 : 日本/兵庫県/神戸市
 座標 : 34.71731109631995 , 135.2194172479777 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1703310002

コメント欄


 No.1  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2017年04月01日 
確かにSVで見ると2本のポールが無くなっていたり、ガードレールが変わっていて、事故があったと分かります。
また、マンション方向に走っていくと横断歩道が二つありますが、下った側の横断歩道が見づらい。
ポールが無いと、夜ならポールのあったであろう側に行きそうです。
「あっ」と思ったときにハンドルを右に切ったらそこは信号機か電柱ですね。
事故時はこのポールはあったのでしょうかね?
以前の事故でまだ設置していなかったとしたら何度も繰り返されますね。

 No.2  投稿者 : さん 投稿日 : 2017年04月01日 
街路樹と電柱破壊してるからどう見てもスピードだし過ぎ
ここに昔住んでたが住宅街で山の方だからスピード出すような道じゃない
完全に飲酒だろうな
あと魔のカーブなんてよばれてるのははじめて知ったわw



電柱に激突し車炎上、2人焼死。にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  ニュース(トピックス・話題の出来事)の投稿

ナイロビの高級ホテルでテロ

住宅地に大麻工場

両毛線踏切事故

辺野古に行こう!

ハリー・ポッターゆかりの本屋

群馬一家3人殺害事件

渋谷にゴーストタウン出現

パリ中心部のパン屋でガス爆発

パリ初の全裸レストラン閉店へ

廃墟になった難波駅前の一等地

越前本線列車衝突事故

K国人の餌食になりそうなクリーニング店

海上原子力発電所が完成

海底地名、日本の73件を承認

3人組に殴られ8千万円奪われる

2018年 浜松女性看護師遺棄事件

東京で住宅火災、夫婦死亡 日野市

テキサスの友人宅

脱出ゲーム施設で火災、少女ら5人死亡

熊本で震度6弱を観測

1キロ引きずられ大学生死亡

デンマークで列車事故、6人死亡

警察官に殺虫剤を噴射

釧路空港で連絡バスが出火

佐渡で10棟が燃える住宅火災

ロシアのアパートでガス爆発

今年一番多く雪が積もっている場所

北海道で観測史上1位の大雪

世界一高い送電鉄塔完成

救急車の死亡事故で消防士逮捕



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015