地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > モラエスの生家

    モラエスの生家 掲載日 : 2017年9月7日 
モラエスの生家の画像/写真   「ヴェンセスラウ・デ・モラエス」というポルトガル人をご存知でしょうか。
1854年、リスボンに生まれ、海軍士官として1889年に初来日。
その後外交官となり、1899年に神戸にあったポルトガル領事館の副領事として赴任し、のちに総領事となった人物です。
1912年にモラエスの日本人妻が死去すると、総領事の職を辞し、妻の生まれ故郷である徳島市に移住しました。
ここで執筆活動に入り、『おヨネとコハル』、『日本精神』などを寄稿。
1929年にポルトガルに一度も帰国することなくこの世を去りました。
ポルトガル版小泉八雲と言ったところですかね。

詳細はウィキで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E…

GE画像は、リスボン市内にありますモラエスの生家です。
玄関の上に日本語とポルトガル語で書かれたレリーフみたいなものが貼られています。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : でこぼこさん  カテゴリ : 観光地  場所 : ポルトガル/リスボン
 座標 : 38.71894985265493 , -9.140497887895258 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)   Googleマップでみる   ストリートビューでみる (対応エリアのみ)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。


Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1709070007

コメント欄


 No.1  投稿者 : でこぼこさん 投稿日 : 2017年09月07日 
写真 レリーフにはこう書かれています。

葡国海軍士官にして作家たりし
ヴェンセスラウ・ジョゼ・デ・ソーザ・モラエス
(一八五四―一九二九)が生まれ育ちたる
はこの家なり。
長き歳月を愛する日本に過ごしたるかれは
祖国に思いを馳せつつかの地に死せり。



モラエスの生家にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  観光地の投稿

恋が叶う?ハートの鐘

閑かさや岩にしみ入る蝉の声

ウールビットのグリーン・チルドレン

板門店で誰でも握手ができる

コロッセオ

閉鎖された旅館が崩壊寸前

龍の目の光

門司港名物バナナマン

メコン川クルーズ

河津桜満開

砂の像作成中

スンドゥブ村

落書きアートを消したことで7億円の賠償命...

マントルが熱源の有馬温泉

亀岩の洞窟

ウガンダの日本料理店

バリ島の人気ビーチがピンチ

一升瓶

ホビートレイン「かっぱうようよ」号

イカが押し寄せる浜

某社長宅のイルミネーション

ジェンキンスさんの就職先

幻獣ケルピー

ミシシッピ川の入り口

妖怪神社

沖縄のダイビングスポット

オランダの町中に芭蕉の句

フェリーターミナルで旗を振る人

お遍路道

北海道最高峰



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015