地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 昭和新山の噴火を日々観測した三松正夫

    昭和新山の噴火を日々観測した三松正夫 掲載日 : 2017年11月6日 
昭和新山の噴火を日々観測した三松正夫の画像/写真   昭和19年、畑の中から姿を現した昭和新山、噴火と隆起を日々観測した「三松正夫」の銅像が立っています。
当時、麓の郵便局員だった三松正夫は噴火の様子を観測、後に「ミマツダイヤグラム」と呼ばれる観測日誌「新山隆起図」を作成、噴火が収まってからは私財を投じて山を買い取り荒廃から山を守ったと言います。
現在の持ち主は三松正夫の娘婿の方で三松正夫記念館の館長を務める三朗氏。
昭和新山は今でも私有地です。

この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : けいさん  カテゴリ : 観光地  場所 : 日本/北海道
 座標 : 42.54105141519055 , 140.860267115492 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)   Googleマップでみる   ストリートビューでみる (対応エリアのみ)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。


Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1711060004

コメント欄




昭和新山の噴火を日々観測した三松正夫にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  観光地の投稿

トヨタ博物館にSV

十和田市秋祭り

アクア小与島

31の池があるのに十二湖

もっとアヤシイ博覧会

アヤシイ博物館

話題の場所 ここはどこ?

恋が叶う?ハートの鐘

閑かさや岩にしみ入る蝉の声

ウールビットのグリーン・チルドレン

板門店で誰でも握手ができる

コロッセオ

閉鎖された旅館が崩壊寸前

龍の目の光

門司港名物バナナマン

メコン川クルーズ

河津桜満開

砂の像作成中

スンドゥブ村

落書きアートを消したことで7億円の賠償命...

マントルが熱源の有馬温泉

亀岩の洞窟

ウガンダの日本料理店

バリ島の人気ビーチがピンチ

一升瓶

ホビートレイン「かっぱうようよ」号

イカが押し寄せる浜

某社長宅のイルミネーション

ジェンキンスさんの就職先

幻獣ケルピー



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015