地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > バイクの残骸の位置と壊れ方

    バイクの残骸の位置と壊れ方 掲載日 : 2018年8月31日 
バイクの残骸の位置と壊れ方の画像/写真   報道映像に映る現場検証作業からバイクの残骸の位置を探りました。位置が不可解です。バイクの壊れ方が尋常ではありません。どのような事故だったのでしょう?
バイクAとBの残骸が160m、バイクBとCの残骸は40m程度離れているようです。
一体、どのような事故ならば、残骸の位置がこうなるのでしょうか?
どうして、絡んだ6人全員が死ぬことになるのでしょう?

02時20分 防犯カメラ(現場から1km南)
 2台のバイクが国道24号線を走り過ぎる
 トラック通過
 8秒後 もう1台のバイクが走り過ぎる
トラック運転手「信号待ちをしていたところ、バイク数台がすり抜けていった。青になって走行すると転倒していた」「信号を無視して交差点を突っ切った」「1台に複数人が乗っていた」
02時30分 トラック運転手 110番通報「バイク数台が転倒している」

バイクA:車体が2つにちぎれる(マン島TTやMotoGPでも見ないような)
バイクB:後部大破(原形を感じさせる残骸が報道から確認できない)
バイクC:軽損傷
バイク同士が当たった痕あり
少年4人(17〜18歳)・男X女Y(身元不明)、計6人死亡
少女2人(14、17歳)重傷(命に別状はない)

バイクAは、SC59レプソルカラー?
Honda CBR 1000RR Fireblade Repsol Replica
http://www.motorcyclespecs.co.za/model/Honda/honda…

バイクCは、原付YAMAHA JOG ?

絡んだのはバイクA・B・Cで、もう一台、単独転倒したバイクDがいるように思える(3台で8人は無理だろう)
次のように乗っていたのかもしれない
バイクA:男X女Y
バイクB:少年2人
バイクC:少年2人
バイクD:少女2人

可能性1)バイクAとバイクB・Cは、仲間ではないとした場合( CBRとミニバイクとでは仲間にはなりえない)
バイクAがバイクB・Cを追いかる。信号無視したのは追いかけられていたから。バイクAがバイクBに追突する。バイクCがその巻き添えになる。
可能性2)バイクA・B・Cが、仲間とした場合(考えにくい)
並走していて、絡み合って転倒。現場は高架橋の最高部、ジャンプしてしまい転倒したのかもしれない。
最初にバイクCがバイクBと接触、共に転倒、バイクAに絡む。バイクAは緩い下り坂を転げ落ちたか、飛んだ

https://www.sankei.com/west/news/180831/wst1808310…
https://www.sankei.com/west/photos/180831/wst18083…
https://www.sankei.com/west/photos/180831/wst18083…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-000000…


この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : 地図好きさん  カテゴリ : 事故  場所 : 日本/奈良県/奈良市八条
 座標 : 34.66310057105073 , 135.7984197879883 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1808310007

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年08月31日 
訂正:
原付3人乗りは可能のようです
https://rocketnews24.com/2013/08/03/355815/

 No.2  投稿者 : さん 投稿日 : 2018年09月01日 
写真 46年前の映画「激突!」の様に追い立てられ、当て逃げされたのではないでしょうか。

 No.3  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2018年09月01日 
煽りならカメラに映っているでしょうけどね。

信号無視しているのでとりあえずマックススピードで行ったは良いが、高架橋を上るのでミニバイクは自然と減速・・・
後ろにいたパワーのある4気筒の大型バイクが減速できずに前のミニバイク2台をなぎ倒したとか?

なんにせよ、元バイク乗りとしてはご冥福をお祈りします。



バイクのね。

 No.4  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年09月01日 
恐らく、こういうことだろうと思います。

可能性2は有りえない。可能性1のみ。バイクの能力差から簡単に追いついてしまうため、バイクAがバイクB・Cを追いかけたというのは不自然。
バイクAとバイクBの損傷と飛ばされたバイクAの残骸の位置から、バイクAは150km/h以上の速度差でバイクBに追突したと思われる。
バイクAにとっては150km/h以上で壁にぶつかったようなもの。
バイクAは、信号のない直線区間と陸橋の下り坂での加速を楽しみたかっただけ。
バイクB・Cは、深夜の交差点の信号を無視しただけ。
バイクAの最高速は284.3km/h(180km/hスピードリミッターは撤廃され、自主規制)だが、上り坂で2人乗りのため180km/hと仮定する。
バイクB・Cは、上り坂で3人乗り原付だから、陸橋の最高部で30km/hと仮定する。

想像される事故シーン
バイクA:男X女Y
バイクB:少年3人
バイクC:少年1人・少女2人

02時20分 現場から1km南
バイクB・C 通過
トラックT 通過
8秒後 バイクA 通過
02時20分過ぎ 交差点
トラックT 信号待ち
バイクB・C 信号無視
バイクA 減速(停止はしていないと思われる)
バイクA 加速
02時20分過ぎ 陸橋の最高部
バイクA バイクCを追い越し、バイクBを追い越そうとする
バイクB 急に進路変更
バイクA バイクBに180km/hで激突。バイクAの男X女Y、バイクBの少年3人が飛ばされ、道路に叩きつけられる
バイクA 180m飛ぶ
バイクC バイクCを運転する少年はバイクBの残骸或いは、飛ばされた少年にあたる。転倒したことにより、少女2人が負傷

 No.5  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年09月01日 
バイクA・B・Cには、お仲間感がある

事故現場ではヘルメット2つのみ
誰も大型自動二輪車免許を取得していない
原付免許は4人取得

少年K(18):奈良市
少年L(18):奈良市
少年M(17):奈良市
少年N(17):奈良市
少年O(17):奈良市
少女P(17):奈良市、外傷性くも膜下出血
少女Q(14):奈良市、市立中学3年、足を打撲
少女R(14):大和郡山市、市立中学3年

 No.6  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年09月02日 
こんな感じで走行していたのか
https://www.youtube.com/watch?v=OHfMgAOQDLA

バイクB:YAMAHA JOG CE50ZR?
バイクC:YAMAHA JOG SA16J?

どちらも最高速は70km/h




バイクの残骸の位置と壊れ方にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  事故の投稿

惜しい!

TOKYO DESIGN WEEK 2016

2015年 ジャスティン・ウィルソンの事故

2014年 ジュール・ビアンキの事故

犀川スキーバス転落事故

1982年 インディ500予選 ゴードン・スマ...

2001年 越前本線列車衝突事故

2000年 越前本線列車衝突事故の衝突地点

1985年 日本航空123便墜落事故

宇宙人襲来?

飲食店で爆発事故 怪我人多数の模様

ダンプ衝突で橋の一部崩落。運転手が死亡。

佐柳島沖海保ヘリ墜落事故

1999年 T-33A入間川墜落事故

2000年 T-2女川墜落事故

2000年 ブルーインパルス牡鹿半島墜落事故

阪神高速3号神戸線

1982年 浜松基地航空祭 墜落事故

護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件

中国の高速道路の料金所にトラックが突っ込...

天六ガス爆発事故現場

八高線列車正面衝突事故の車輪

衝突位置を座標で言って欲しい

全日空機・自衛隊機衝突遭難現地附近要図

静岡県警ヘリコプター墜落事故現場

事故のパトカー、一時停止せず交差点進入か

福岡県京都郡苅田町富久町 交通事故・踏切...

吉澤ひとみの実弟 交通事故死

15分間の立ち去り、車の凹み

バイクの残骸の位置と壊れ方



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015