地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > 全日空機・自衛隊機衝突遭難現地附近要図

    全日空機・自衛隊機衝突遭難現地附近要図 掲載日 : 2018年10月20日 
全日空機・自衛隊機衝突遭難現地附近要図の画像/写真   全日空機雫石衝突事故
http://earthjp.net/mercury/1010300008.html
http://earthjp.net/mercury/1810160002.html
により興味を持ち調べました

自由落下で音速を超えられるのか?
2012年10月14日 フェリックス・バウムガルトナー(オーストリアのスカイダイヴァー)
高度約39kmからの自由落下によるダイヴィングで、音速の壁を超えた(時速1,342km)

遺体・部品の散乱範囲?
次にある「全日空機 自衛隊機衝突遭難現地附近要図」を基にしました(位置は不正確)
https://1901rjtt-to-roah.blog.so-net.ne.jp/shizuku…

どっちに非があるのか?
自衛隊側:全日空機がジェットルートを大きく外れて飛行したため、自衛隊設定の訓練空域内で空中衝突した
・双方の見張りが不充分
・航空路に隣接して訓練空域を設定

報道映像
https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/ind…
ジェットルートJ11L
https://www.flightradar24.com/39.67,140.94/10


この投稿を推薦する  説明
 投稿者 : 地図好きさん  カテゴリ : 飛行機事故  場所 : 日本/岩手県/岩手郡雫石町
 座標 : 39.68711322001101 , 140.9662100570894 (緯度・経度)



  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1810200002

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年10月20日 
自衛隊機の胴体とパラシュート落下点が見当違いでした。以下が、より近いと思います
自衛隊機 胴体 39°41'18.23"N 140°58'2.53"E
自衛隊員 パラシュート落下点 39°41'0.96"N 140°58'46.08"E

 No.2  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年10月21日 
次の解説が引っかかり、更に調べました
音速の壁を突破したことにより約15,000ft(約5,000m)付近で空中分解
音速の壁を突破した際のものと思われる衝撃音が盛岡市内の病院屋上など、墜落地から離れた場所でも確認されている
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E…

ボーイング727の巡航速度 991 km/h(マッハ0.81)、エンジンが生きたまま急降下すれば音速超えするような気はしますが、
機体が音速越えしていたのか?遷音速ではないかという疑問は残ります

音速越えで空中分解した事故は他に「コパ航空201便墜落事故」があります
高度25,000フィート(7,600 m) を飛行していた201便は、レポートから2分後の20時56分に右に80度傾いた状態で急降下しはじめた。機体は音速を越え、高度10,000 フィート(3,000 m)で空中分解した
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%91%E…

第二次大戦時、レシプロ戦闘機による音速越え

衝撃降下90度(松本零士)試作戦闘機での音速突破に挑戦するパイロットと技術者の奮闘
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9D%E6%92%83%E…

P-38, P-47, F6F などは急降下速度が速すぎて制限※を突破してしまい、遷音速に達して操縦不能や空中分解を起こす事故がしばしば起きました
※急降下制限速度:当時、時速700〜600km/h
・戦後に作られたデハビランドの無尾翼機が急降下で音速突破しようとし空中分解して結局出来なかったとか
・F-86は突破こそ出来るが凄まじい振動で極めて危険で在ったとか
・遷音速というのは、機体全体の対気速度が音速を超えていなくても、機体の表面で加速された気流の一部が音速を超えた状態を指します。この「壁」を破るにはまず機体そのものが遷音速抵抗の低い設計になっていること(細長い胴体と薄く小さな主翼)、そして強大な推力が必要となります
http://www.warbirds.jp/ansqn/logs-prev/A001/A00046…

 No.3  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年10月21日 
遺体の散乱状況について
https://www.sankei.com/affairs/news/140808/afr1408…

秋田駒ヶ岳※上空で衝突
※秋田駒ヶ岳(39°45'39.98"N 140°47'57.71"E)〜慰霊の森:20.8km
「空中を流される被害者の姿を目の当たりにした」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_…
心霊体験
http://gost.s35.xrea.com/iwate/read.cgi?DIR=iwate&…
上田晋也のニッポンの過去問 151209 【空から遺体が降ってきた】全日空機 自衛隊「衝突事故」
https://www.dailymotion.com/video/x3hidv4

 No.4  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2018年10月23日 
次はガセネタかもしれません。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_…
次の記述が信憑性を損なっています。
「なんだ?と思うと、テレビに緊急速報で、自衛隊機と民間機が衝突したという速報が入りました。皆は自分らが住んでる町のすぐ西側にある秋田駒ケ岳上空ということで、」
「大爆音」と「緊急速報」がほぼ同時と読み取れます。ありえないと思えます
削除するか、記述位置を変えて時系列にすれば本当の話と思えます。投稿者の記憶違い・勘違いかもしれませんが、このような事故で作り話をするのは不謹慎です。



全日空機・自衛隊機衝突遭難現地附近要図にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  飛行機(ヘリコプター)の投稿

E-2C着陸進入

佐柳島沖海保ヘリ墜落事故

陸上自衛隊航空学校宇都宮校の練習用ヘリコ...

地上走行中のオスプレイ

1999年 T-33A入間川墜落事故

2000年 T-2女川墜落事故

2000年 ブルーインパルス牡鹿半島墜落事故

メルケル首相緊急着陸

ドイツ首相公用機

羽田LDAアンテナ

1982年 浜松基地航空祭 墜落事故

C-130H小牧基地進入2機目

C-130H小牧基地進入

岐阜基地航空祭2018 撮影場所

埼玉県防災航空隊ヘリコプター「あらかわ4...

ブルーインパルス

航空路監視レーダー

全日空機羽田沖墜落地点

滑走路上のSu-27

双発双胴の短距離離着陸機Su-80

小型水陸両用機Be-103

日立の木の上空を飛ぶ飛行機

残っている無線標識施設

衝突位置を座標で言って欲しい

全日空機・自衛隊機衝突遭難現地附近要図

静岡県警ヘリコプター墜落事故現場

A滑走路を飛び立った全日空機

羽田空港B滑走路に進入中のA321

千歳基地に空中給油機

嘉手納基地のF-35



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015