地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件

    護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件 掲載日 : 2018年11月13日 
護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件  
 投稿者 : 地図好きさん
 カテゴリ : 船舶事故
 場所 : 日本/東京都
 座標 (緯度・経度) :
 34.08751141589382 , 139.5249265345929

当時、事故から一週間経ても、衝突位置が座標で報道されていなかった
イージス艦あたご事故現場 掲載日 : 2008年2月26日
http://earthjp.net/mercury/0802260010.html

あたご:排水量7,750t、全長164.9m、イージス艦、母港は舞鶴港、海自第3護衛隊群所属、乗員280人
清徳丸:排水量7.3t、全長16.24m、マグロはえなわ漁船、乗員2人(船長・甲板員)

あたご
・海上衝突予防法第15条※Aによれば、あたごが回避する義務があるでは?
 漁船群が艦首前方を通過できるように、あたごが面舵・減速で回避すればよかった。また、漁船群もAに従い、進路と速力を一定に保てばよかった。しかし、清徳丸がAに背き、右転・増速し、衝突の危険性を生じさせたため、清徳丸に回避する義務があった
※海上衝突予防法第15条:
 相手船を右に見る方(あたご)が避け、左に見る方(清徳丸)は進路と速力を一定に保つ義務がある

清徳丸
・イージス艦相手に、面舵・増速で衝突回避できると判断したことは間違っていたのか?
 海上衝突予防法第15条に反している。清徳丸が右転・増速しなければ、衝突しなかった。あたごの後方を通過できたであろ
・船舶・航空機においては、小さい方が避ける(大きいものは死角も多く、小回りが効かない)のでは?
 漁船群4隻では、あたごが回避したほうがよい
・衝突する直前に、救命胴衣を着用し、海に飛び込めば、命は助かったかもしれない?
 救命胴衣持っていなかったかもしれない

2008平成20年02月06日10時02分 あたご パールハーバー発
あたご 横須賀港に向け、10.6kn(19.6km/h)で自動操舵航行
02月19日00時55分 清徳丸 千葉県勝浦東部漁港川津地区発
清徳丸を含む漁船群 三宅島北方海域に向け、15.1kn(28km/h)で航行
03時40分 あたご 漁船群の白灯3個を認める
測的が1knであったため、操業中と判断、測的中止。次当直に引継ぎせず、CIC(艦内にある戦闘指揮所)にも報告せず
03時48分 あたご 漁船群の紅灯(左舷)を目視するも、方位を確認せず、報告もせず、動静監視を行わず
CIC 漁船群を捕捉せず
あたご 艦橋当直の引継ぎ 艦首左舷前方に漂泊船(停止)と艦首右舷前方に漁船群がいるが、危険なし
03時50分 清徳丸 あたごの艦首右舷前方6海里に接近
03時55分 あたご 艦首右舷前方に肉眼で漁船群の紅灯を認め、測的
03時57分 あたご 漁船群をレーダーで捕捉し、速的。停止と表示され、漁船群の動静監視を行わず
04時00分 清徳丸 あたごの艦首右舷40.5度2.2海里
清徳丸 右転
04時03分 あたご 艦橋左舷側前部にいた信号員P「漁船増速、方位上がる(方位が艦首方に変化)」
あたご 艦首右舷前方に漁船群の紅灯4個を認める。衝突のおそれがないと確認
04時04分 あたご 艦首右舷前方1.1海里付近に清徳丸の紅灯を認める
当直士官「(漁船の)方位が落ちる(自船の後方を通過する)と認識していた紅灯のうち2隻から3隻を右約70度に視認した。距離が近いと認識したが、方位が相変わらず落ちていたことから、衝突のおそれはないと判断した」
04時05分 清徳丸 0.5海里に接近(海面反射内に入っていたためにレーダーで識別できず)
清徳丸 あたごの右舷側近で急右転
04時06分 信号員P「漁船増速、面舵とった」
信号員P「漁船近いなぁ、近い、近い、近い」
あたご 清徳丸の紅火を右舷側近に視認「機関停止、自動操舵やめ」
あたご 月明かりにより清徳丸の船影が見える。汽笛を6回吹鳴。後進一杯
04時07分 あたご 艦首が清徳丸の左舷中央部に後方から47度の角度で衝突
あたご:艦首部に擦過傷
清徳丸:船体中央部で分断、乗員2人行方不明
02月19日〜03月02日 海保 巡視船延べ52隻、航空機41機、特殊救難隊員36人
02月19日〜03月19日 海自 艦艇延べ90隻、航空機190機
02月19・20・22日 清徳丸の僚船延べ216隻、水産庁・千葉県の漁業取締船が捜索にあたる
海洋調査船(海洋研究開発機構)による海底探査
05月20日 清徳丸の乗員2名 認定死亡

06月27日 横浜地方海難審判理事所 横浜地方海難審判庁に審判開始の申立
海難審判理事所理事官側(検察):あたご側の監視不十分
あたご側(被告):清徳丸の急右転
2009平成21年01月22日 裁決の言渡 事故主因は、あたご側にある
あたご:監視不十分、前路を左方に横切る清徳丸の進路を避けなかった
海自第3護衛隊群第3護衛隊が、艦橋とCIC間の連絡体制、見張り体制を十分に構築していなかった
清徳丸:急右転、警告信号を行わなかった

2009平成21年04月21日 横浜地検 当直士官2名を横浜地裁に起訴(業務上過失致死罪)
2011平成23年05月11日 横浜地裁 当直士官2名は無罪
事故主因は、清徳丸側にある「清徳丸が右転した理由がいかなるものであったにせよ、本件では、衝突の危険を生じさせた清徳丸の側が、あたごを避航すべき義務を負っていた」「あたご側に回避義務はなかった」
05月25日 横浜地検 東京高裁に控訴
2013平成25年06月11日 東京高裁 1審判決を支持、控訴を棄却
東京高検 上告を断念
06月26日 無罪確定

http://www.mlit.go.jp/jmat/monoshiri/judai/h20s/h2…
http://www.shippai.org/fkd/cf/CZ0200902.html
http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/file/12171/…
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E…




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1811130006

コメント欄




護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件にコメントをする [ 詳細 ]

ただいま投稿できません。しばらくお待ちください。
ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  船舶の投稿

ロケットが陸揚げされる港

バミューダクルーズ

南極観測船ふじ

博多港に停泊するクルーズ船

KDDIの新型ケーブル敷設船

マレーシアに供与された巡視船

墨田川造船で艤装中のしもじ型巡視船

宮古島海保、規制能力強化型巡視船9隻体制...

STU48劇場船

アメリカ沿岸警備隊も瀬取り監視に東シナ海...

エバージェントル号

おれんじ8

日本で唯一の三ヶ国間フェリー

護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件

室蘭海上保安部の巡視船「れぶん」

巡視船「わかさ」

舞鶴に帰港する巡視船「だいせん」

中城を出港した巡視船「くにがみ」

東京水上バスヒミコ

ぐるぐる

巡視船「さど」

立ち往生した「フェリーふくおか2」

新型護衛艦「あさひ」完成

長崎港に停泊する豪華客船

解体を待つ115億円の高速船

高速特殊警備船つるぎ

連絡船と交差するコンテナ船

羽田空港に燃料補給するタンカー

機動揚陸プラットフォーム MLP

国産のへんてこ船



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006