地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 人を喰えますか?

    人を喰えますか? 掲載日 : 2019年4月4日 
人を喰えますか?  
 投稿者 : アジャパーさん
 カテゴリ : ロケ地
 場所 : フィリピン/ミンダナオ島
 座標 (緯度・経度) :
 7.901081304687843 , 124.7086648448479

第5回 『野火』への道〜塚本晋也の頭の中〜
https://www.cinematoday.jp/page/A0004609

ワタシは果たして極限状態に陥ったときに人を食えるのだろうか・・・?

喰いますか?


映画『野火』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=CaEItmCwC8o

コメ欄に「子供に見せるべきだと思った。」という方がいますが、思案中・・・
温室、箱入り、夢の国大好きな娘二人にはトラウマ確定作品・・・

無理かもしれないが、自分自身で観ることを選ぶときが来るのを望むしかないか?




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1904040001

コメント欄


 No.1  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2019年04月05日 
人を食った話と言えば「佐川くん」ですが・・・え?
意味が違う?

「佐川一政」
http://earthjp.net/mercury/1307230001.html

フランスってすごいですね。
「税金が」っていうのもあるでしょうけど、面倒くさいから日本に送り返したってのが本音でしょうね。
日本では「フランスの病院は佐川が1歳の時に患った腸炎を脳炎と取り違えてそれで誤った判断を下したのではないか、」って、どんだけ適当な通訳を使って診断したのか?
まあ、誤訳してなくても面倒くさいから日本に送り返したんでしょうがw

1981年に人を殺し食って1984年に帰国し、15カ月で退院・・・

は?
人を殺して食った人間がたったの4年で社会復帰って・・・
殺され喰われた女性はあの世でどう思っているのでしょうか?

そして、なんとあのローリング・ストーンズが曲を作っていたのを知っていますか?

「The Rolling Stones - Too Much Blood - Official Promo」
https://www.youtube.com/watch?v=DW9czZfH_EM

訳はこちら・・・
http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=679


フランスもフランスだし、日本も日本。そしてローリング・ストーンズも・・・いくらなんでもおかしくない?

で、一番おかしいはずの「佐川一政」はまだ生きています(現在69歳)。

 No.2  投稿者 : jun1さん 投稿日 : 2019年04月05日 
でこぼこさんの投稿です
http://earthjp.net/mercury/1308160007.html

ウルグアイ空軍機571便遭難事故

若い頃にこの事故を題材にしたドキュメンタリー風の映画を見た。

 No.3  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月07日 
古い話になりますが、文献として残っているのは…

第二次鳥取城攻め
http://home.att.ne.jp/sky/kakiti/shincho17.html
信長公記 巻十四 天正九年
因幡国取鳥果口の事
 因幡国鳥取では、一郡の男女ことごとくが城中へ逃げ入って籠城を続けていた。しかし百姓をはじめとする下々の者たちには長陣の準備がなかったため、城内はまたたくまに飢餓に瀕した。
 城側でははじめ五日に一度、三日に一度と鐘を鳴らし、それを合図に雑兵たちが塀際まで出てきて草木の葉を刈って食糧としていた。次いで籠城も中ほどになると稲株を上々の食物としたが、やがてはそれも尽き、牛馬をも喰らいはじめた。しかし飢餓は進み、弱い者は霜露に打たれながら際限もなく餓死していったのだった。
 餓鬼のごとく痩せ衰えた男女は柵際へ取り付き、「ここから出し候え、助け候え」と嘆き叫んで哀願した。その様子は目も当てられぬ哀れさであった。しかもそうした者を鉄砲をもって打ち倒すと、まだ息のあるその者のまわりへ人々が群れ集まり、刃物を手に節々を切り離って肉を取ってゆくという惨状まで繰り広げられた。とりわけ身体の中でも頭には滋養があると見え、死者の首をあちらこちらで奪い合い逃げまどう姿も見られた。まことに人間の生命ほど強靭かつ惨めなものはなかった。

 No.4  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月07日 
飢餓の中では、わざとらいい道徳・倫理・哲学などは糞ほどの価値も無いものだと思われる。
味もどうでもよく、栄養があるものなら、食うと思われる。
戦争も同様であろう。戦争は人殺しが価値あることだから、道徳・倫理・哲学は堕落ということになる。
人間なんてラララ、ラララララ。
統一地方選を視ながら晩酌しています。

 No.5  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月07日 
昆虫の世界では共食いがある。昆虫と人間を区別するのは何か。実は無いのではないか。人間は場合によっては昆虫にもなる。同じ生命である。ただ、中心軸が人間らしいか、昆虫らしいかの差ではないかと、酔っぱらった頭で思いました。

 No.6  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月07日 
そういえば、「生きてこそ」(1993)視ました。
人肉食シーンは控えめで、尻肉・腿肉をナイフで削いだシーンがあったような記憶があります。むしろ、タイトルがいいと思いました。「生きてこそ」だと思います。人肉を食う・食わないはどうでもいいのだと当時思ったようだ気がします。人肉を食えば、人の道に外れるというのか?地獄に堕ちるのか?人間は、同じ生命である牛・豚・羊・魚・植物を食らうではないか?わざとらいい腐れ規範(宗教・哲学・倫理・道徳)ではなく、生命という立ち位置から、生命のレベルを上げるか下げるかというシンプルな尺度で何か(やっぱり宗教?)できないものか?

 No.7  投稿者 : jun1さん 投稿日 : 2019年04月08日 
おまつさんの投稿です
http://earthjp.net/mercury/1410050006.html

以下 Wikipedia より抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E…
「ドナー隊」
アメリカの東部からカリフォルニアを目指して出発した開拓民のグループである。様々な事件や誤りのために旅程は大幅に遅れ、1846年〜1847年の冬をシエラネバダ山脈で雪に閉ざされて過ごすこととなった。開拓民の一部は生存のため人肉食に及んだ。

マーフィー夫人が雪の中の穴から現れ、救助隊を凝視すると「カリフォルニアから来たの、それとも天国から来たの?」と尋ねた

 No.8  投稿者 : でこぼこさん 投稿日 : 2019年04月08日 
ウルグアイ空軍機571便遭難事故・・・
懐かしい投稿だなw

自分は極限状態でも人は喰わないだろうな・・・たぶん。

 No.9  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月09日 
私も無理です。死んだ仲間と同じく餓死を選びます。単なる選択です。人肉を食って生き延びるのも選択です。
闇米購入拒否で亡くなられた山口良忠氏の例もある。
生命の輪廻の中での判断だったのだろうと思っています。どうなるかわかりませんが、できれば山口氏のほうに向いていたい。

 No.10  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月09日 
最古の記録か?
567欽明天皇28年 日本書紀 郡国、大水により飢え、人がお互いに食べあった
https://tanken.com/famine.html

 No.11  投稿者 : アジャパーさん 投稿日 : 2019年04月09日 
最終的には個人の判断ということですね。
宗教も関係ない、ビーガンでも最後はわからない・・・
たぶん食った瞬間に脳内で両刀論法に陥り吐き出すんでしょうが、本能で「生きたい」が勝ったら喰うかもしれないし・・・
もはやその状況ではまともな考えも出来ないだろうから個人の判断もクソもないか・・・

で、皮肉にも「ドナー隊」は現在のドナー(医療においては、臓器を提供する人。)の逆をしたということですね。



人を喰えますか?にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  ロケ地の投稿

幽霊が出続けたら遺体が出た

山の上のある大きな「C」

オレゴンの幽霊ホテル

映画『トランセンデンス』ロケ地

トヨタ自動車の新テストコース運用始まる

デュエットホン

パレオ・ラボ

雲の上のパン屋さん

本郷猛の家

北星鉛筆

「自販機のかつ丼と天ぷらそば」

ジェシー・ジェームズの定宿

ロシアのたい焼き店

松下幸之助の生家跡に座敷わらし?

「蔵」の座敷わらし

アラモ鉄砲店

屋根から木が生えている

映画「バンブルビー」ロケ地

人を喰えますか?

映画「グリーンブック」ロケ地

Grand Hotel de Cabourg

スナイフェルスヨークトル氷河

映画「運び屋」ロケ地

座敷わらしのいる郷の工房

ウルトラ・バナビジョン70って何?

社員67人が奮闘するテレビ埼玉

現存する芭蕉が泊まった家

ハセガワのF104

逃走中2019

プレーケストーレン



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006