地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト


地球探検の旅 > F-35組み立てライン

    F-35組み立てライン 掲載日 : 2019年4月13日 
F-35組み立てライン  
 投稿者 : 地図好きさん
 カテゴリ : 会社
 場所 : アメリカ/テキサス州/フォートワース
 座標 (緯度・経度) :
 32.77910129416136 , -97.44966168847483

ロッキード・マーティン(Lockheed Martin)フォートワース工場(Fort Worth)

https://www.youtube.com/watch?v=df_MHNkAVrw
https://www.youtube.com/watch?v=jY9lmDeRKpg
https://www.youtube.com/watch?v=bXuZbLxWxYE
https://www.youtube.com/watch?v=ZWPqgqNUf24
https://www.youtube.com/watch?v=q_0GA8CnTQs
https://www.youtube.com/watch?v=ptBUoTjfjYw
https://www.youtube.com/watch?v=4vir9ow-YrA

F-35の設計思想に興味を抱きました。
素人の感想:
・ステルス化は20〜30年は有効と思われる。
 アンチステルス技術が更に発達すれば完全に無意味となる。F-35はそれまでは有効で、駄作とは思われない。以降は戦闘の在り方が変わり第6世代となるのだろう。
・偵察は無人機が電子機器を駆使して精密に行うだろう。F-35にもそのような機器が搭載されているだろう。低速飛行し、パイロットの目で行えるようなものではない。索敵できれば爆撃すればいい。戦闘機による地上支援はそれで十分ではないか。
・機動性に難が有り、近接戦(ドッグファイト)は運用上、想定されていない。
 太っていても、機動性もどうでもいい。戦闘機は爆弾を投下したり、敵機をいち早く検知し、ミサイル発射するためのもので、近接戦はもはや無意味ということであろう。有視界外から空対空ミサイルを発射して撃退、戦闘は終わる。敵に発見されにくいステルス性と、敵より先に探知することが決定的である(F-35にはそのための機器が満載されている)。ミサイルもステルス化すれば、突然ミサイルが現れ、回避の時間は無く、撃墜されることになる。空中戦の訓練は全く無駄なのだ。よって、近接戦とならないように作戦が立てられる。遠隔攻撃に失敗しても(遠隔の場合、ミサイルが回避される可能性が高い)、近接戦に移行することなく、離脱する作戦が主流になるだろう。F-35は脆弱であるためすぐに離脱しなければならない。
 訓練では、欠点が目立つようなメニューは避けなければいけない。特に近接戦の訓練は時間の無駄。
・スクランブルでは不明機を撮影する以上のことができない。不明機をミサイル攻撃するわけにはいかない。撮影が終わったらすぐに離脱すればいい。関わっていれば、中国機やロシア機にもて遊ばれるだろう。

空自は何に使うつもりなのか?どのような運用をするつもりか?

The designer of the F-16 explains why the F-35 is such a crappy plane
F-16設計者がF-35がダメ戦闘機である理由を語る

要点:
(1)諸悪の根源
・ハイローミックス構想(多用途機という発想が誤り)
・空軍・海兵隊・海軍向け3機種同時開発
(2)小さい翼
・近接戦ができない
・最低速度が高いため偵察に向かない
(3)燃費が悪い
・長時間飛行できないため、偵察・地上部隊支援に向かない
(4)ステルス性
・現時点で、ロシア製アンチステルスレーダーにより、ステルス機は見えてしまっている。
・ステルス性のための兵装庫によって中太りし、機動が劣る
(5)第5世代
・無意味なステルス性を要件としている

素人の感想(読んだ直後):
ここまで言える理由は、F-35がF-16にドッグファイトで負けている事実がある。
そもそも、第5世代ジェット戦闘機(F-35、F-22)は、空中戦で練習機に負けている。
F-2と近接戦やったら、確実に負けるだろう。
無意味なステルス性のための兵装庫や海兵隊が望む垂直離着陸のためにズングリむっくりになり、主翼面積も小さくなった。それが、機動性を損ない、燃費を悪化させた。
結局、何の取り得もないデブな戦闘機となってしまった。
空対地・空対空で、ステルス性が無意味になりつつあるのは事実だ。
しかし、空対空の場合は、全戦闘機がアンチステルスレーダーを持っているわけではないから20〜30年、ステルス性は有効と思われる。

以下、翻訳してみたが、所々誤訳の可能性がある。
The F-35 was born of an exceptionally dumb kind of piece of Air Force PR spin.
The mission of the airplane was to be half of what the airforce called the high-low mix.
It was supposed to be one super expensive, supposedly super capable fighter the F-22.
And then a cheaper fighter of which you were supposed to be able to buy a lot.
That would do everything else.
That beyond earlier, that was the F-35.
F-35は空軍によるアホな情報操作(PR spin)から生まれた。
F-35の使命は、空軍のハイローミックス構想※(High-low mix)の一方を担うことだという。
ハイは超高価・超高性能戦闘機F-22である。
ローは多く買うことができる低額戦闘機で、汎用機(多用途機※)、それがF-35だった。
※ハイローミックス構想:高額高性能兵器と低額低性能兵器を組み合わせる。根拠?有効性?
※多用途機:得意分野を持っておらず、戦闘能力はそれぞれの用途で限定的で中途半端?
That whole high-low mix idea was an Air Force PR concoction to make up an excuse.
This was actually from the 70s.
Can you believe this?
It shows how long dumb ideas persist.
そもそも、ハイローミックス構想そのものが空軍のでっち上げだ。70年代からある。
信じられるか?
馬鹿な考えがどんだけ根強く残っているかということだ。
It was in the 70s the Air Force the apple of its eye was the F-15.
Two engine, great big fighter for its day, close to 50,000 pounds, super big radar, all the bells and whistles that the Air Force could think of,
which was exactly what they wanted big expensive airplane.
70年代、空軍の自慢の種はF-15だった。
エンジン2基の大型戦闘機、重量5万ポンド弱、巨大レーダー、空軍が思いついた限りの装備、
それこそが、空軍が欲した大型で高価な飛行機だった。
Colonel Boyd and I, Colonel Rich Oney had worked on it
had gotten disgusted with it because it had gotten too loaded up with junk.
And so we went off and as kind of bureaucratic guerrillas and underground started the F-16.
ボイド大佐・リッチー大佐と取り組んだが、ばかげた話が多くてうんざりした。
官僚主義も嫌だったし、F-16の開発もあったから、我々は降りた。

Which was by comparison?
検討して?

Which was going to be less than half the size, half the cost.
And much harder was going to just wax the F-15 by virtue of being smaller and hotter
and designed specifically for that mission
and not designed to carry a bunch of junk, a bunch of complex electronic stuff that had no relevance to combat.
F-16は、サイズが半分以下、コストも半分以下。
しかも、その小ささと機動を生かして、F-15を決定的に負かそうというものだった。
F-15を機動で上回るための設計である。
山ほどのガラクタ(もはや戦闘に関わりの無い複雑な電子機器)を搭載するための設計ではない。

We've called the F-35 a turkey.
F-35を駄作と呼でいた?

Absolutely it is a turkey.
It's inherently a terrible airplane because it's an airplane built for a dumb idea.
まちがいなく、あれは駄作だ。
本質的にダメすぎる戦闘機だ。アホな発想を基にして造られた戦闘機だからだ。
As soon as you go to design a multi-mission airplane you're sunk.
As soon as you try to make the airplane
to close support air,
to air deep interdiction bombing,
and to carry a whole long laundry list of technologies as long as my arm
you're sunk.
You'll never get a good airplane out of that.
You'll get a kludge.
You know that will fail you know time and time again.
多任務戦闘機を設計すると、救いようが無くなる。
近接航空支援(close air support)・航空阻止(air interdiction / deep air support)爆撃・長々としたリストにある技術項目、これらを全て設計に盛り込もうとした時点で、沈没する(終わっている)。
多用途からは優れた戦闘機は生まれない。
その場しのぎの解決策をすることになる。
何度も過ちを繰り返すことになる。
And even worse it's a three service airplane which means now you have three bureaucracies squabbling over the specifications.
You have the Air Force, the Marines, and the Navy and each of them want something totally different.
さらに悪いことに、F-35は3組織(空軍・海兵隊・海軍)※に運用される戦闘機だ。つまり、仕様をめぐって小競り合いをする3つの官僚組織を相手にしなくてはいけないということだ。
各組織は全く異なる仕様を望む、そんな3組織を相手にせねばならない。
※3機種同時開発
・F-35A(空軍)通常離着陸型、最大離陸重量32t(F-16の2倍)、翼面積42.7m2(F-16は35m2)
・F-35B(海兵隊)短距離離陸垂直着陸型(STOVL)、翼面積42.7m2
・F-35C(海軍)空母艦載機型
And then you have the pretense that somehow you can fold all this into one airplane airframe and make it work for three different services.
What's happened is you've compromised the airplane horribly for three different missions.
And you've compromised it even worse for three different services.
何とか仕様を設計に反映し、3組織で運用できると見せ掛ける。
何が起こったといえば、3組織のために妥協の産物を作り出した。
妥協することで3組織それぞれにとっても更に一層ダメな物になった。
You know, so just as an example, the Marines have this, you know, mindless passion now recently for vertical takeoff airplanes ever since they got the British Harrier.
Well, that makes the airplane very fat because you have to have a lift fan in the center of the airplane to blow air vertically to make it take off vertically or land vertically.
So now you have a great big fat center section.
Now you have too much drag.
It turned out they put on tiny wings which helps it to take off vertically,
but means you can't maneuver in combat.
例えば、ハリアー戦闘機以来ずっと、海兵隊は今でも垂直離着陸機を望む愚かな情熱を持っている。
垂直離陸・垂直着陸させるためには、機体中央に垂直に空気を吹くリフトファンが必要で、機体を太くしてしまう。
中太りになる。
空気抵抗を大きくする。
結局、小さい翼は垂直離陸では助けになるが、接近戦での機動を悪くすることになる。
You know, you need wings to create lift, to turn.
No wing no turn.
And so the airplane is astonishingly unmaneuverable, you know,
because it has to carry a hundred and eight pounds of airplane per square foot of wing.
上昇にも旋回にも翼は必要。
翼なしでは、旋回できない。
翼面荷重※が1平方フィート当たり108ポンド(527.3kg/m2)となり、驚くほど機動性が悪い。
※翼面荷重(kg/m2)
F-2A:390.79
Typhoon:300
F-22A:333.16
F-35A:525.2(最悪)

So in air-to-air combat in dog fighting.
それでは、近接戦(ドッグファイト)の空対空戦闘ではどうなるか?

Dog fighting is hopeless.
You can guarantee that a 1950s designed MiG-21 or French Mirage would just hopelessly whip the the F-35.
ドッグファイトでは絶望的だ。
1950年代に設計されたMiG-21又はフランスのミラージュがF-35を完全に叩きのめすことを保証する。

So if the F-35 is not a fine combat plane, what about as support for troops air support.
F-35は近接戦ではダメでも、地上部隊の航空支援機としてはどうか?

That's the most laughable of all because to support troops.
You have to be able to get in close to maneuver to find really difficult to find camouflage targets.
You have to be able to turn that quite slow speed.
You have to carry a large gun say like the A-10.
And You have to be able to stay in the vicinity of the troops for 4 to 6 hours.
You have to be able to loiter in order to really give them all day cover when they need it.
And this is hopelessly impossible with the F-35.
地上部隊の航空支援に使うことこそ、何よりも滑稽(お笑い草)だ。
・偽装した目標をみつけるには、接近できなければいけない。
・低速度で旋回できなければいけない。
・A-10(近接航空支援専用)のように大型機関砲※(M61 20mm)を搭載しなければいけない。
・4〜6時間は、地上部隊の近くに留まることができなければならない。
・地上部隊が必要とするなら援護するために一日中でも付近を偵察できなければいけない。
以上の事が、F-35では絶望的に不可能だ。
※機関砲
・F-35A:胴体左側にGAU-22/A(25mm、4銃身)
・F-35B・C:必要に応じ胴体下に機関砲ポッドを懸架

Why?
なぜ、不可能?

Why the F-35 uses far too much gas.
It's lucky if it can hang around for an hour or an hour and a half at most.
F-35は燃費が超悪い。
1時間か、せいぜい1時間半飛べたらいい方だ。
The maneuverability is laughable.
You know you couldn't possibly get down in the weeds
as the pilots say with this airplane and turn in time to see a tank,
remember, a tank is not visible from me maybe from a quarter mile or less,
this airplane at the speeds at which it has to go because of the tiny wings,
remember, it can't maneuver.
So it can't fly slow and nor should it in combat because it's so vulnerable.
機動性は笑える。
意味不明{恐らく、危機的状況にはいられないだろう?苦境に陥ったままではいられないだろう?苦境を脱しなければいけない?}
パイロットが言うには、戦車を早急に確認すべく旋回させる場合、
戦車は4分の1マイル弱からでも見えないとして、
小さい翼ゆえに、最低速度が高く、
そんな操作はできない。
低速で飛ぶことができないし、攻撃されやすいから接近戦で使うべきではない。

So what is it good at.
得意とするところは?

It's not good at anything.
得意とするところは何もない。

What bomber.
爆撃機としては?

It's a terrible bomber.
There's a terrible bomber.
And by the way because of stealth, it's designed really to carry the weapons internally.
Right, you can't hang weapons under the wing and still be invisible to radar.
So the whole thing that's another thing.
By the way that makes it fatter and and more drag and more fuel consumption and less maneuverable.
So you can put two big bombs inside.
This thing, you know, which is a ridiculous payload for most conventional war.
爆撃機としてもひどいものだ。
ひどい爆撃機もあったものだ。
ところで、ステルス性のために胴体内兵器倉(ウェポンベイ)が設計された。
確かに、翼下兵装できないが、レーダーからは見えづらい。
意味不明{全てが別問題だ}(本末転倒?根本的に間違っている?ステルス性はペテン、ペテンのためにウェポンベイを設けている?)
ところで、ウェポンベイのせいで中太りになり、空気抵抗を大きくし、燃料消費量を大きくし、機動性を損なう。
2つの大きな爆弾をウェポンベイに搭載できるが、
通常の戦争ではありえない兵装だ。

So well, talk to me then about the stealth.
I mean, how stealth capable is the F-35?
ステルス性にいて語って下さい。
F-35のステルス性はどれほどですか?

The first thing to know about stealth is that it's a scam.
You know, it simply doesn't work.
You know, radars they were built in 1942 could detect every stealth airplane in the world today.
The Battle of Britain radars,
not because there was anything great about them,
but because they happen to have very long wavelength.
So every Battle of Britain radar would see the F-35 and the F-22 and the B-2.
I'm not talking here as an antiquarian because unfortunately the Russians picked up on this and have been building exactly those radars ever since World War Two.
They never stopped building low frequency long wavelength radars.
And they've modernized them to an extraordinary extent.
They built some really amazing mobile versions of them.
Now, that are both hard to find when they're camouflaged
and can be erected in 40 minutes and see every stealth airplane in the world.
And they sell them to anybody who's got cash.
ステルス性について最初に知っておくべきことは、ペテンだということだ。
ステルス性はありえない。
1942年(1941年?)に構築されたレーダー網で今日の世界中のステルス機を検知できるだろう。
英国空中戦※でのレーダーだ。
格段すぐれたところがあるということではなく、長波長※だったことによる。
当時のレーダーで、F-35・F-22・B-2が見えるはずだ。
古物研究家として言うのではなく、残念なことに、ロシアは低周波数(長波)レーダー※を獲得し、第二次世界大戦以来、構築している。
ロシアは低周波数レーダーの製作を止めず、
途方もないほど近代化した。
VHF帯移動型3次元レーダーはすばらしい。
偽装されると見つけるのが難しいし、40分で構築できる、
世界のあらゆるステルス機を見ることができる。
金がある国になら、どこにでも売っている。
※英国空中戦:ドイツによるイギリス制空権の獲得のために行われた航空戦。イギリスはレーダー網を活用した要撃体制を構築
※長波長:当時の電子技術では短波化が難しかったため(探知精度は悪い)
※低周波数(長波)レーダー:ステルス機の電波吸収は火器管制用の短波長を対象とし、低周波数帯(VHF帯)での反射が大きい(特に機体の長さが半波長の場合)。ピンポイント探知可能なステルス機探知専用レーダーが開発中。
ロシア:55Zh6M Nebo-M(VHF帯移動型3次元レーダー)
中国:JY27
※研究中のアンチステルスレーダー:バイスタテッィクレーダー、パッシブレーダー、テラヘルツ波レーダー、量子レーダー。20〜30年後には更に高性能になり、ステルス性が無意味になる?

So you're telling me it's a bad airplane.
It can't do dogfights.
It can't protect troops on the ground.
It's a lousy bomber.
And despite everything that the manufacturers saying
it's not stealth.
あなたは、F-35をダメ戦闘機とし、
ドッグファイトはできず、
地上部隊を守ることができず、
爆撃機としてもお粗末で、
メーカーの主張にも関わらず、
ステルス性は無いとされました。

You're exactly correct.
まさにその通りだ。

What is it —
So what is the point of this plane?
一体、
F-35製造の目的は何ですか?

The point is to spend money.
That is the mission of the airplane.
It's for the US Congress to send money to Lockheed.
That's the real mission of the airplane.
And I guarantee you by the time all the failings of the F-35 have come to light.
If Canada is still buying it they'll be paying 200 million dollars plus.
金を使うことだ。
それがF-35の使命だ。
使命は米議会がロッキードに送金することだ。
それがF-35の真の使命だ。
F-35の失敗が明るみに出る時が必ず来る。請け合う。
その時、カナダがまだF-35を買っているならば、カナダは更に2億ドルを支払うことになる。

200 million dollars plus.
更に2億ドル?

Because among other things of course, the quantity the promised quantity will never happen.
I know nations will drop out.
Lots of people won't have the money to pay for it.
Both abroad and the US is going to cut back, keep on cutting back the buy.
As the buy cuts back the cost will go up and up.
I'm predicting that in the US will probably never buy more than 500 airplanes.
That means the cost of the F-35 in the US will shoot up beyond 300 million maybe 350 million.
何よりも、公約した機数にはとどかない。
国々は降りるだろう。
F-35を買う金はないだろう。
海外と米国の両方が購入数を縮小することになる。削減し続ける。
購入数が減るにつれて、製造コストはどんどん上がる。
米国では500機以上を買うことはないと予測している。
つまり、米国でのF-35の製造コストは3億ドルを超える、恐らく3億5000万ドルを超える。

If there had been a real competition in 2010 before Canada made its decision,
how do you think the F-35 would have held up?
カナダが購入決定を下す前に2010年に競争入札があったならば、
どうやってF-35は競争で生き残れたであろうか?

If it was a straight-up competition with reasonably well-defined mission goals and so on,
I suspect one of the European fighters would have won not that they're very good.
You know just they're not as bad as the F-35.
The Gripen or the Eurofighter or whatever as they have won in other countries where
they have had competitions,
I think it would be hands-down that the F-35 would lose on a whole bunch of grounds,
on cost grounds, on reliability grounds, on performance grounds, on all of it.
And but the hooker would be that the people who are doing the evaluation of doing
the competition.
You have to understand about stealth and the fact that it's a very shaky business that it's a scam.
それが合理的に明確に定義された任務目標などを持つ正当な競争入札であるならば、
私はヨーロッパの戦闘機の1つが勝ったであろうと思う。格段すぐれているからではなく。
ヨーロッパの戦闘機はF-35ほどは悪くない。
サーブのグリペンやユーロファイター、他の国々の競争入札に勝った機であれ何であれ、
F-35があらゆる観点で負けるのは、疑いないと思う。
コスト、信頼性、パフォーマンス、すべての面で。
ペテン師は競争入札で評価をしている者どもだ。
ステルス性を売りにするのは、詐欺に等しいことを理解しなければいけない。

One of the reasons that the Department of Defense has given for why it has sole-source, this was because it was the only 5th generation available plane available.
国防総省が示した随意契約の理由の1つは、F-35が唯一利用可能な第5世代ジェット戦闘機だったから。
※第5世代ジェット戦闘機「敵よりも先に発見し、先に複数の敵機を撃墜する」

First of all, 5th generation is another silly, you know, mindless cliche.
It doesn't mean anything.
Of course, they use stealth as the excuse for sole-source, you know, without evaluating it all the question of does stealth work.
You know what are people likely to do who are facing stealth airplanes?
What did the Yugoslavs do?
How did the Yugoslav shoot down the F-117?
They were well aware that they were being invaded by stealthy airplanes.
And they figured out how to shoot it down.
That's what everybody's going to do, who thinks they might be bombed by a stealthy airplane.
So any real evaluation would have to start there.
If you do that you realize that the stealth is a very thin read and certainly not an excuse for a sole source.
まず、第5世代はまたもう一つの下らない、愚かで陳腐な決まり文句。
何の意味も無い。
もちろん、国防総省はステルス性が機能するかを評価せずに、随意契約の理由の言い訳としてステルス性を挙げる。
ステルス戦闘機に直面している人は何をする可能性があるだろうか?
ユーゴスラビアは何をしたか?
ユーゴはF-117※をどのように撃墜したか?
ユーゴはステルス戦闘機に侵入されていることをよく知っていた。
ユーゴはF-117を撃墜する方法を考え出した。
それは、ステルス戦闘機に爆撃されているかもしれないと思う者なら誰でもやりそうなことだ。
したがって、いかなる現実的評価もこの撃墜された事実をふまえて始める必要がある。
そのように評価するならば、ステルス性が薄っぺらで、随意契約の言い訳とはならないことが理解される。
※F-117:チェコ製低周波数レーダーを使用し、範囲を特定し、弾幕を浴びせ、撃墜(不明)。




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1904130003

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月13日 
原典:
AAA THE F-35 IS A LEMON
PIERRE SPREY (RUNAWAY FIGHTER)
FIFTH ESTATE EXTENDED INTERVW
F-35は不良品(役立たず)だ。
ピエール・スプレー(意味不明{手に負えない戦闘機})
第5回 意味不明{拡張インタビュー}
https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&…

ピエールス・プレイ(81〜82歳)Pierre Sprey
A-10・F-16の共同設計者、防衛アナリスト、レコードプロデューサー
ニース生まれ、ニューヨークで育つ
エール大学 航空工学とフランス文学を学ぶ コーネル大学 数学統計とオペレーションズ・リサーチを学ぶ
グラマン(Grumman Aircraft)で統計学者として働く
1966〜1970年 国防長官室の特別助手
F-15を批判、F-15に代わる軽量戦闘機を提唱、F-16の設計要求に影響を与える
1971〜1986年 軍事問題のコンサルタント
レコーディングエンジニア、レコードレーベルを設立



F-35組み立てラインにコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  会社の投稿

射出座席を作っている会社

F-35組み立てライン

世界シェア80%のフッ化水素せいぞう工場

部下を追い込んだのか?

TSMC生産拠点(台湾)

カッチ大湿地のカリウム塩田

東日本明星株式会社 嵐山工場

ゼンリン本社

ヤクルト発祥の地

コダック社のフィルム工場

ロヨル

ソフトバンクで大規模な通信障害

ソフトバンク発祥の地

さくらんぼテレビ

日本車輌製造豊川製作所

スーザン・ウォシッキーが所有するガレージ

宮脇書店本店の屋上に・・

日本のハンドガン製作所

民間版エリア88

村に本社を置く大企業

決壊ダムの建設に参加した韓国の建設会社

洋服の青山 1号店

何でもかんでも真っ二つ

「西川産業」放火でアルバイト逮捕

運賃が高額な北総鉄道

Panoramio 消滅

MS本社キャンパス改造計画

道路脇に不法投・・棄・・・宝の山!

本田技研発祥の地

キタサンブラック天皇賞春秋連覇



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) 2006-2015