地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 平成26年豪雪 奥鬼怒温泉 加仁湯

    平成26年豪雪 奥鬼怒温泉 加仁湯 掲載日 : 2019年4月20日 
平成26年豪雪 奥鬼怒温泉 加仁湯  
 投稿者 : 地図好きさん
 カテゴリ : 観光地
 場所 : 日本/栃木県/日光市川俣
 座標 (緯度・経度) :
 36.87177268716627 , 139.405927179444

NHK「逆転人生 母は強し!連続雪崩から奇跡の生還」(2019年4月8日)を視ました。
林道となると位置を特定したくなります。
テレ朝「激レアさんを連れてきた」(2017年12月4日)も参考にしました。

夫(49)旅館(加仁湯※)の社長、旅館に寝泊り
妻(29)旅館の女将、子供の通学のため平日は実家(群馬県)、週末片道4時間かけて旅館へ
長男(7)
長女(9)
※奥鬼怒温泉 加仁湯
標高1,400m、泉質の異なる源泉5本、源泉掛け流し。1週間くらい朝昼晩酒飲んで湯治したい
奥鬼怒温泉郷
・八丁の湯
・加仁湯
・日光澤温泉
・手白澤温泉

職員Y(60):林道を管理する市職員、除雪作業員、ムーさん(ムササビ←夜遊び好き)
知人S:八丁の湯、八丁さん

前提:
・妻「(夫・Y・Sは、)レスキューを呼ぶより、自分達で何とかする考えの方が強い」
雪崩・土砂崩れ、実際、今まで何とかしてきたのだろう。救急車を呼んでも2時間かかる在所。
自分達がレスキューである必要があったということなのだろう。
・地元の人すら経験したことのない積雪量で、過去に起きていない所で雪崩が発生

2014平成26年02月14日(金)平成26年豪雪
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%9026…
過去最深積雪 甲府市・河口湖、秩父市、前橋市、熊谷市、宇都宮市、大手町27cm
現地の積雪1m29cm(観測史上最大)
18時 妻 自動車V(2WD)を運転、学校帰りの子供4人(長男・長女・姪2人)と旅館へ向う
20時 妻・子供 女夫淵[めおとぶち]市営駐車場Pに到着
加仁湯まで、山道※8km
※山道:奥鬼怒スーパー林道、街灯無、一般車両通行禁止、旅館送迎バス・旅館従業員の車のみ通行
妻 夫に電話「迎えに来て欲しい」
妻 駐車場Pで待機
知人S ワゴン(トヨタ)で買い出しの帰り、駐車場Pに避難
職員Y 除雪車Xを運転、山道から降りてくる
https://www.youtube.com/watch?v=Au_qp7cqKQg
https://www.youtube.com/watch?v=fVfJY--rzuk
https://www.youtube.com/watch?v=EzE-ZFiXHb8
20時20分 知人S「(妻に)大丈夫か?」
職員Y「(妻に)これから旅館までの道、雪かいてやっから」
知人S「(妻に)除雪車Xの後についていこう」
除雪車Xを先頭に、ワゴンが続く
妻 ワゴンの後に付いて、山道を登る
妻 夫に電話「(駐車場Pを)出発した」
夫「待ってろって言ったのに」「(4WDで)途中まで迎えに行く」

◆事後の話:次の行動をとった場合、違った展開になっていただろう
・夫の指示通り、駐車場Pに待機
・ワゴンに後続するのではなく、2WDでの雪道走行を諦め、自動車Vを放棄し、ワゴンに乗せてもらう

21時? 手白澤橋(旅館から2.5km)付近で、妻・子供★1度目の雪崩(1)に遭う。自動車Vが雪に埋もれる
21時? 知人S 除雪車X※を動かすが、雪崩(2)に遭う
※除雪車X:元々「八丁の湯」が所有
職員Y 雪をかき分け、妻・子供を助ける
妻・子供 自動車Vを放棄、ワゴンに避難
知人S「(除雪車Xを動かして)ごめん、ムーさん」
職員Y「もう余計なことして」
21時40分 夫 4WDで到着「(妻に)この雪だからこのままここにいて。すぐに戻るから」
自動車Vに上着を忘れたため、子供を4WDまで歩かせることができない

◆事後の話:雪崩(2)に対する判断が分岐点
 除雪車X・ワゴン・自動車Vを放棄、全員4WDで戻れば、命を危険に曝すようなことは起きなかったかもしれない。様子を見て除雪車X・ワゴン・自動車Vを回収する。
 知人Sが除雪車Xを動かさなかった場合、雪崩(2)を除雪車Xで処置できたかもしれない。できないのなら、除雪車X(職員Y・知人S)で帰る。
 山道の開通よりも、妻・子供を4WDで旅館に送ることを優先すべきだったかもしれない。自動車Vに忘れた上着は取りに行ってもらう。たとえ猛吹雪でも雪崩が起きた場所に妻・子供を残すべきではないだろうが、こればかりは、地元で長く暮らしてきた夫・Y・Sの判断である。但し、今回は地元住民の想像を超えていた

知人S「お菓子※も買ってあるから食べていいよ」「予備のガソリン(10L)もあるからね」
※お菓子:「八丁の湯」お客様用、全てチョコ系(妻は嫌い)、飲料水もあった
夫・Y・S 山道を開通させるために、埋まった除雪車Xを掘り起こしに行く
夫・Y・S 小型除雪車を持って来ることになり、4WDで旅館へ向う
https://youtu.be/2tTXiULP9o8?t=143
4WD スタック
◆ここからが悪夢の始まり
夫 Y・Sを4WDに残し、徒歩で旅館へ向かう
23時頃 妻・子供★2度目の雪崩(3)に遭う。ワゴン全体が埋まり、ドアは開かず。携帯電話は圏外であったため、夫に知らせることも、救助隊を呼ぶこともできなかった
以降、58時間、車内に閉じ込められる。夫に発見されるまでの最初の16時間は次の危険性があった
・酸欠
・低体温症
・排気ガス中毒(一酸化炭素中毒)
妻 窓の横は雪が薄く空気穴を開けた(酸欠を回避)
妻 暖房を最強にする
02月15日(土)00時 妻 子供を寝かせる
01時 夫 小型除雪車で4WDスタック現場?※に戻る
※除雪車Xの場所ではないと思われる。除雪車Xはワゴンに近いと思われる。
雪が多すぎるため、大型除雪車を持って来ることになる
https://www.youtube.com/watch?v=s-Al__Efp94
夫 再び、旅館へ向う
02時 小型除雪車(職員Y)が雪崩(4)に遭う
夫 大型除雪車で4WDスタック現場?に戻るが、雪崩(5)に遭う。ドアが開かない
夫 弟に携帯電話で連絡
05時 弟 徒歩で現場に到着、スコップで夫を救助
夫・弟 職員Yを救助、Tシャツ一枚の薄着だったため低体温症、意識朦朧、瀕死
夫・弟 職員Yの背中を叩き、身体を温めようとする
夫「寝たら死ぬぞ」
知人S「寝るな」
夫 この場を弟に任せて、旅館ヘ向う「体を温める物(温かい食料)、取りに行ってくるから」
知人S「わかった。気をつけろよ」
夫「頼む」
夫 旅館へ向う(3回目)
夫 吹雪の中、旅館へ歩いて戻る途中、雪崩に遭う?(逆転人生)
06時30分 妻 目を覚ます。ガス欠に近いため、エンジンを切る
予備のガソリンが後部座席裏にあった。スコップもあった。
妻 素手で固まった雪を削り、窓から車外に出る。積雪は腰まで、雪をかき分け、給油口を捜す。キャップが凍りついていた。爪でこじ開けようとするが、爪が割れ剥がれる。キャップを叩き続け、開けて、補給。
07時00分 妻・子供★3度目の雪崩(6)に遭う。天井上に2mの雪が覆い、完全に埋まり、密閉される
妻「子供たちを死なせちゃダメでしょうって…気持ちを作り直して」
妻 排気ガスが車内に入ると思い、エンジンを切る(◆生死を分けた)
妻・子供 濡れた服を脱ぎ、冷えた素足を重ね、車内にあった毛布をかけ、炬燵のようにして、体温を確保
妻 絶望的状況を子供が自覚しないように明るく振る舞う
妻・子供 歌い合う、クイズ、ゲーム、女将さんといっしょ※
※車内旅館「雪崩荘」の女将・仲居・客で、旅館ごっこ・マッサージごっこ・悪口大会(五十音順)
脱いだ服が凍りつく
妻 酸欠・寒さ・疲労⇒頭痛・吐き気
07時30分 妻 スコップで固い雪を削り車内に落としつつ、2m掘削。空気穴(直径15cm)が開いた(◆生死を分けた)
08時 夫 旅館に戻る
08時38分(送迎バスが通過する時刻)妻 クラクションを鳴らす(3時間)
妻 子供に気付かれないように遺書を書こうとしたが、子供の学習ノートが結露で濡れて書けない
夫 温かい食料・おにぎり・飲料水・スコップを持って4WDスタック現場?(弟・Y・S)に到着
夫 更に猛吹雪の中、ワゴンの場所(2km先?)へ徒歩で向う
13時 夫 ワゴンの場所に到着
夫 雪崩(7)に遭う。更に雪崩(8)に遭い、全身埋まるが、自力で脱出
15時 夫 空気穴を発見「オーイ」雪崩(3)から16時間経過
妻 怒鳴る「遅えよ!」
夫 穴を掘り、ドアを開け、ワゴンに入る
妻『夫の顔はやつれ、(骸骨的に)細くなっていた』
夫 体力消耗のためワゴンで一泊
02月16日(日)07時 夫 圏内となる場所まで行き、携帯電話で旅館?に電話
旅館から消防へ通報「社長の妻や子供が乗った車が雪崩で動けない」
救助隊※が救助に向かう
※救助隊:栃木県警今市署・日光市消防本部40人?「逆転人生」では総勢20人
16時 救助隊 ワゴンの場所に到着。高さ4m、幅5mの林道が埋まっていた。除雪できず
救助隊 現場にかまくらを作る?
恐らくワゴンの横を掘ってかまくらのようにしたのでは?
夜 後続の救助隊がストーブ・毛布・食料を届ける
夫・妻・子供 ストーブ・毛布で暖を取る。ワゴン(かまくら)で一泊
02月17日(月)09時20分 妻・子供 58時間ぶりに救出される
妻・子供 ドクターヘリで病院へ

手白澤温泉周辺案内図
http://teshirosawa.co.jp/pdf/teshiroMAP02.pdf
奥鬼怒ハイキングコースマップ
http://tabi.tobu.co.jp/playing/hiking/shizen/oku_k…
防災科学技術研究所主要災害調査 2014年2月の南岸低気圧による降雪による雪崩被害
https://dil-opac.bosai.go.jp/publication/nied_natu…
奥鬼怒温泉郷
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~fukurai1/09tesirosa…
消音推奨 奥鬼怒温泉 手白沢橋から加仁湯 29年7月10日
https://www.youtube.com/watch?v=r02ATafe0zg
奥鬼怒温泉加仁湯 おっさん一人旅
https://youtu.be/a5KZ4cKsIpE?t=567
にっぽん!いい旅 宿紹介:ホテル 加仁湯
https://www.youtube.com/watch?v=yDwOCBbd76o
栃木の秘湯♨熱めのお湯で上せそう
https://www.youtube.com/watch?v=cE9Jxd0QOwE
いい旅・夢気分「宿紹介(加仁湯)」
https://www.youtube.com/watch?v=dD0NaAy57Qg
加仁湯
http://www.naf.co.jp/kaniyu/
https://www.facebook.com/kaniyuonsen/
加仁湯の女将
https://www.facebook.com/shiho.komatsu.56





  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1904200004

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年04月21日 
3Dで道のりを計測する方法がわからないです。



平成26年豪雪 奥鬼怒温泉 加仁湯にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  観光地の投稿

車の森(International Car Forest)

ガラスのハイヒール教会

中央構造線 安康露頭

ラ・ジョンケラ

ドミノシュガー工場(廃墟・改装中)

公道を走るゴルフカート

めだか街道

大崩海岸

ドナウ川で遊覧船沈没

kupari リゾート地の廃墟群

ノストラダムスの生家

干満差世界一の湾

クマさんの生息地にお邪魔しているのは人間...

「隠し砦の三悪人」の撮影地

熱源がフィリピン海プレートの温泉

赤い湖水:ラグナ・コロラダ

「天空の城ラピュタ」の舞台

平成26年豪雪 奥鬼怒温泉 加仁湯

日本一広い露天風呂

帯広 新興マーケット

リワ・オアシス

白龍妃橋

ここどこ?東京です

ラオスの凱旋門

秘境駅「「清流みはらし駅」

案山子アート「沈黙の人々」

羅生門跡

ミントンズ・プレイハウス

日本のテーマパーク(タイ)

混浴の公衆浴場



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006