地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > WTO一般理事会

    WTO一般理事会 掲載日 : 2019年7月22日 
WTO一般理事会  
 投稿者 : 地図好きさん
 カテゴリ : 公的機関
 場所 : スイス/ジュネーブ
 座標 (緯度・経度) :
 46.22388888888889 , 6.149638888888889

2019年07月23日 WTO一般理事会(ジュネーブ)
日本側は不利なように思える。
最初は、「信頼関係」で徴用工問題と輸出管理を関連付けていた。
マズイと思ったのか軍事転用を思わせぶりに非公式に発言し、安全保障を理由としてきた。半導体製造にのみ有用な品目を軍事転用可能物資とした。メディアもそれに協力した。メディアは対象品目が軍事転用されると報道している。フェイクニュースだ。こんな品目は転用されないことぐらい知っているはずだが、政権に協調してフェイクを流している。世論操作に協力するとは…。たてまえの立脚点を叩き壊し、本音を衆目に曝け出すのがメディアの使命だと思っている。安全保障へのこじつけに手を貸している。メディアが政府に協力的だと、大本営発表をそのまま報道していた大東亜戦争の時代と同じか?お家芸か?
更に今度は、WTO対策なのか、安全保障ではなく日本側の輸出管理に問題があったと言う。これではただの嫌がらせだ。
このいやらしく姑息な流れが嫌だ。変な言葉「信頼関係」を持ちださず、最初から韓国側の輸出管理が不十分だとして優遇措置を解除したでよかったのだ。それならニュースにすらならなかったかもしれない。単なる事務的な話で、何の興味も持たれなかったであろう。

https://www.meti.go.jp/policy/anpo/law_document/tu…
「輸出貿易管理令の運用について」等の一部を改正する通達について
経済産業省 安全保障貿易審査課
これは韓国側に有利に働く証拠文書となってしまうように思える。
(1)「輸出管理制度は、国際的な信頼関係を土台として構築されています」
当たり前のことを言っているようだが、これが最悪でイヤラシイ文だと思う。「信頼関係」が曲者だ。何を以て信頼関係が損なわれたと判断するか?しかも日本による一方的な判断に委ねられる。韓国側は措置内容に怒っているわけではない。そんなのはどうでもいい。「信頼関係」で通商と外交・政治を結びつけてきたことに怒っていると思われる。外交でトラブルがおきたら通商に影響することを言っている。フェアじゃない。日韓でまともな外交協議ができなくなるではないか?優遇措置の解除はあらかじめ設定した条件がクリアされているかどうかで決めればいい。
(2)「日韓間の信頼関係が損なわれた」「韓国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難」
後ろめたさがあるのか?ロジックに無理があると思ったのか?「信頼関係」をやけに強調している。
(3)「韓国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生」
このもったいぶっていて、誤解を生む、不明快な言い方。1〜2週間後に具体的に言うのだったら最初から具体的書けばいい。

今回の措置は大したことではない。韓国側は、日本が外交問題に通商を道具にしてきたことに怒っている。
07月12日 韓日課長級会議
経産省関係者「(不適切な事例発生とは)第3国への搬出ではないと(韓国側に)伝えた」
→当初、政治家が言っていたことと違うけど…韓国側に安全保障上の問題があると言っていた。軍事転用は稚拙なフェイクだったように思う。子供騙しで嫌韓・反韓を煽るとは滑稽だと思う。
「不適切な事例発生」この勿体付けた不明快な言い方はどうにかならないのか。具体的に言えばいい。韓国も誤解しているではないか。
立憲民主党幹事長「政治的な問題に対する紛争の解決に、通商的な問題で対抗措置をとったように国際社会に見られるのは非常に国益上マイナスだ」(7月14日NHK日曜討論)
→真っ当な意見だ。
外務省は問題解決したいのか?それともこじらせたいのか?こじらせるほうが得意なのだろう?問題解決能力が皆無なのだ。外務省を「害務省」と呼んだのは外務大臣だっただろうか、「害務省」は酷すぎる。害虫のようだ。トラブルメーカーでいいと思う。今回の元凶(諸悪の根源)は外務省の無能だと思う。




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1907220005

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年07月22日 
日本にとっては、WTOはどうでもいいんだ。徴用工問題での韓国の態度にむかついて、嫌がらせができればよかった。このみみっちぃ仕返しが日本の目的なのだ。
粘り強く、相手がどんなに不誠実でクズでも、こちらは徹底的に誠実に接して、問題解決に導くことこそ、大東亜戦争を起こした日本の外交の態度だと思う。

 No.2  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年07月22日 
既出:2008年5月26日 WTO
http://earthjp.net/mercury/0805260004.html

 No.3  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年07月28日 
大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」
犬養毅(塩見三省)「とにかく、満州問題を一日も早く平和的に解決しなくては。そもそも、私は、満州国建国を認めるつもりはないのだ。…いかなる場合も、武力に訴えてはならん。」を視て「いかなる場合も、武力と通商に訴えてはならん」と思いました。「いかなる場合も」です。譬え相手が卑怯でせこい奴でもです。武力と通商に訴えてしまっては、相手と同様に「卑怯でせこい奴」に成り果ててしまいます。歴史が示しているように思います。

 No.4  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年07月28日 
「今回の元凶(諸悪の根源)は外務省の無能だと思う」のですが、更に、外務省の品格の無さだと思えました。国家を代表しているのです。品格を保って欲しい。経産省が実施していることですが、よっぽど自信がないのか、パブリックコメントを求めている。何の意味もない。愚かすぎる。相手国と誠実に向き合うしかないのです。パブリックコメントが戦争に傾けば、戦争する気か。どんな頭してるのだ。何といっても根源は、外務省です。馬鹿・屑としか言いようがないです。

 No.5  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年07月28日 
園田直元外務大臣(故人)「(外務官僚を)彼らは理路整然たる非常識の群だ」「理路整然たる馬鹿」
これから韓国との交渉に何回失敗するのだろう。失敗するのはいい。経済に影響を与えるな。軽薄な手段を使うな。
外務官僚=非常識の群=馬鹿=屑=害虫=寄生虫

 No.6  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月11日 
元凶は河野太郎だった。馬鹿そうな卑しい顔をしている。こいつの顔はトラブルメーカーの人相だ。今度は防衛相か?もう問題起こさないでほしい。こういう屑は目障りだ。国会にうろちょろするべきではない。

 No.7  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月11日 
河野がミャンマーに物見遊山で行ったときは不愉快だった。役立たずで問題ばかり起こす者が行っていい場所ではない。河野は正しく寄生虫・屑な者だ。そんな馬鹿がロヒンギャについて口にするな。こいつは排除されるべきだが、無理だ。こいつと同レベルの阿呆な国民が多くなっていると思う。



WTO一般理事会にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  公的機関(公的施設)の投稿

「ここにいてはダメ」話題のハザードマップ

三郷にもあったミニ地下神殿

首都圏外郭放水路

イギリス気象庁

北海道議会新庁舎に喫煙室?

パラオの国会議事堂

とかち広域消防事務組合

捜査支援分析センター

ソロモン諸島国会議事堂

世界初の「MP-PAWR」

鹿児島県中央児童相談所

信号機の墓場

韓国を大アホ呼ばわり

ロシア連邦原子力庁

大韓民国ウォン

朱に交われば赤くなる

パリで史上最高気温42.6度を観測

地域気象観測システム

すベリ棒がある消防署

WTO一般理事会

移民収容施設

神奈川県警警察犬訓練所

旧ブルガリア共産党本部(廃墟)

ネズミ捕獲長は見当たりませんね

シティホール駅(地下鉄廃駅)

ペドロヴァゴーラ記念碑(廃墟)

トランペ自転車リフト Trampe bicycle lift

邑楽線

関東信越厚生局麻薬取締部

転倒ます型雨量計



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006