地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 鹿児島県中央児童相談所

    鹿児島県中央児童相談所 掲載日 : 2019年9月4日 
鹿児島県中央児童相談所  
 投稿者 : 地図好きさん
 カテゴリ : 公的機関
 場所 : 日本/鹿児島県/鹿児島市桜ヶ丘
 座標 (緯度・経度) :
 31.7984715348552 , 130.3085200193036

既出:2019年9月3日 女児虐待を児童相談所見逃す
http://earthjp.net/mercury/1909030001.html

被害女児X(4)鹿児島県薩摩川内市で産まれ、0歳から保育園に通う
母Y(21):Xの母親
加害者男A(21):鹿児島県出水市明神町、Yの交際相手、X・Yと同居、建設作業員
https://www.facebook.com/people/%E6%97%A5%E6%B8%A1…
https://twitter.com/dowbl_shun/
https://www.instagram.com/dowbl.gucci/

児相:鹿児島県中央児童相談所(鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘6丁目12)
出水市:出水市役所本庁こども課
市職員
・保健師:看護師国家試験・保健師国家試験に合格
・家庭児童相談員:市には措置権限※は無い
 ※措置権限:一時保護・立入調査・児童福祉施設への入所
⇒女児Xが亡くなった原因の1つには、市職員の力量(経験)不足がある。報告ができていない
警察:次の指示があったためか、敏感・迅速・的確。児相・自治体には緊張感が欠けている
警察庁 児相との連携強化を全国の警察に指示
・虐待事案を児相に通告することを徹底
・児童のケガの状況、家庭環境、客観的で具体的な情報を記録に残し、児相に伝える

2018年 男A 母Yとは別の女性と交際
別の女性「怒ったら暴れる」「見境なく打つ蹴る」
12月〜2019年2月 女児X 夕方、自宅アパート前の駐車場※で保護される
※自宅アパート前の駐車場
https://www.google.com/maps/@31.7982242,130.308958…
リハビリ特化型デイサービスゆうハウス(鹿児島県薩摩川内市隈之城町14-1)
店長「Tシャツで下何もはいていないとか、紙おむつをしていたり。肌寒かったりしたので尋常じゃないと思った」
従業員「雨の日、女児Xがずぶ濡れになって立っていた」
(1)従業員が女児X(薄着・裸足)を見つけ警察に通報。母Yが捜しに来て、警官の到着前に引き渡す
(2)従業員「だっこをして、座ってお菓子を食べて待たせていました。」自宅アパートのドアに「預かっています」と貼り紙、約30分後に母Yが迎えに来た
(3)女性従業員(看護師)「(女児Xは)上は(薄手の)ワンピース、下はパンツもはいていなかった。全身に痣も無く普通の状態だった。母Yが迎えに来た」
女児X 1人で道路を渡り、JR九州ドラッグイレブン隈之城店(鹿児島県薩摩川内市隈之城町38-1)へ行く姿が目撃される。閉店間際(21時30分頃)にお菓子コーナー1人で来て、じっとお菓子を見ていた。店員が通報し、警察が保護
近隣住民「夜、母Yが仕事に行っていて女児Xが1人残っていた。起きたら誰もいないから外に探しに行く感じ」
2019年春 母Y 男Aと交際
03月 健康診断 問題無
近隣住民「ママ好き?」女児X「うん」近隣住民「ママ優しい?」女児X「うん」近隣住民「夜ごはん食べた?」女児X「アメを食べた」近隣住民「他には?」女児X「いやアメ」
隣室住民「女児Xは泣き叫ぶくらいの感じ、決まった時間はなくて昼間とか」
03月16日 匿名 児相へ通報「児童が虐待を受けているような動画が投稿されている」「シャワーを浴びせられている動画がある」
⇒恐らく、男Aが撮って、投稿したと思われる(ストレス発散のためか?)なぜ、投稿者を突き止めなかったのか?
03月18日19日 児相・市※・警察※ 女児X・母Yに会う。痣・ケガは無く、虐待は確認できなかった
※市:薩摩川内市 市民福祉課
※警察:薩摩川内警察署
03月21日28日29日・04月02日 4回通報「夜間に女児が1人で外にいる」
20時50分(1回)、22時20分〜23時(3回)
警察 自宅アパート前の路上・駐車場で女児Xを保護。女児Xの太ももに約2cmの薄い痣を確認。母Yに引き渡す
警察 児相に電話・文書で通告「一時保護すべき」(2?4?回)
⇒この警察の直観は正しい。状況の異常性を感じたと思われる。様々な事案に接する警察だからこその予感があったのだろう。直接女児Xに会っているから正しい判断ができる
児相 一時保護不要とする★「女児Xが母Yを嫌がる様子も見られず、親子関係に問題がない」
「親子の愛着が感じられる」「児童福祉法に照らし適切な対応だった」
⇒この児相による判断が女児Xの虐待死に繋がる。「嫌がる様子」で判断してよいのか?テキトウでイイカゲンだが、いいのかこれで?「親子の愛着が感じられる」何様が判断できるのだ。最初の警察の直観が消えてしまったようだ。男Aの存在を想定していないのは未熟。虐待動画を投稿したと思われる男Aの異常性を無視している。男Aによる虐待が見逃されてしまった
04月02日 女児X 私立保育園に在籍(〜6月20日)
薩摩川内市 保育園へ連絡「育児放棄の傾向がある」
保育園「事前の連絡なしに欠席」「電話に出ないことがほとんどだった」「声をかけたり、体の状態に注意した」「朝の問診や健康観察で気をつけてみていたがあざや殴られた後は見られなかった」
04月03日 児相 再び同様の事案が起これば一時保護すると母Yに通知
要保護児童対策地域協議会(児相・薩摩川内市・警察)次の徘徊が見られれば一時保護する方針と継続指導を決定
⇒児相・自治体・警察の連携かもしれないが、お役所的で無意味な会議としか思えない。
04月10日 児相 育児放棄と認定、見守り対象にした。市を中心として家庭訪問・電話による状況確認
⇒この認定を市職員が引きずってしまう
児相「(4月中旬以降、夜間の保護の問題が報告されず、ネグレクトは)落ち着いてきたと認識していた」
06月20日 私立保育園を退園(通園計15日、4月:4、5月:6、6月:5)
園長「お迎えの時(17時前後)も『ママー!』と女児Xは母Yに飛びついていって、母Yも抱きしめた」「遠足の時にすごくはしゃいでいたのを覚えています。退園した時には皆でお別れ会をしました」
07月 女児X・母Y 出水市へ引越、男Aと同居を始める
https://www.google.co.jp/maps/@32.1071647,130.3325…
薩摩川内市 出水市へ引継ぐ。母Yの妊娠、母Yに交際相手の男Aがいることを伝える。しかし、母Yによる育児放棄であるため、男Aについては詳しく引継ぎせず(個人情報)、出水市も調べず
児相 出水市が引継いだことを電話確認
日時不明 住民「今年の夏の大雨が降る日曜の昼間、女児Xが自宅ドアの前で、全裸で1人立っていた。その後、…下着1枚の姿で玄関の外にいた。声をかけたが、女児Xはおびえた様子でドアの方に顔を向けたままだった」
07月22日 母Y 女児Xを病院へ「室で遊んでいた時にテーブルの角に頭をぶつけ嘔吐」
⇒出水市 女児Xの救急外来を確認。警察・児相に報告せず
07月30日 出水市 転居を確認
アパートの隣室住民「夜中に泣き声を聞くようになりました」
08月05日 母Yが受診した民間病院 出水市へ報告「女児Xの顔などに数カ所の青痣があった」
出水市 児相・警察に報告せず★「ネグレクト事案としては適切に対応した」「母Yとの面談が最優先だった」
⇒この事件の最大の謎。痣が何によるものかを熟知する病院からの報告!痣があってなぜ虐待を疑わないのか?児相が育児放棄と認定したから、虐待事案に変えることができないのか?事実を警察・児相に報告すればいいだけではなかったのか?ここで一時保護されるべきだった!
出水市はいつまでネグレクト事案として引きずるつもりだったか?変化に対応できないのか?出水市は児相・警察に報告し、この時点でネグレクト事案から虐待事案に変えなければならなかった。面談を最優先にすれば、手遅れになる可能性を考慮できなかったのか。この人たちは何かが欠落している
08月07日 出水署 転入を把握、出水市に家庭訪問の有無を照会、青痣は知らされず
⇒ここで知らされていたら、出水署は絶対に動いたであろう。児相に通告し、さすがに今度は児相も虐待事案とし、一時保護しただろう
隣室の男性「毎日は帰ってきていないようでした。ここ1カ月くらい、夜中に泣き声を聞くようになりました。結構大きな声でした。どなり声や悲鳴は聞いたことはありませんでした」
08月26日 市職員 4度目の訪問、女児X・母Yに面会(8月5日から21日経過)
母Y「子供の様子に特に変化がない。楽しく過ごしている」
市職員 個人情報であるため男Aと同居しているかどうかを確認せず。見える範囲で傷はなかった。顔に痣を確認できず、体は詳しく調べず、警察・児相に連絡せず★
⇒最後のチャンスだった。21日経過して青痣が治っても虐待の事実はなくならない。虐待の事実を消してどうする
出水市「ネグレクト事案として引き継いでいたため、女の子の安否の把握にとどまり、服に隠れた傷などの確認には及ばなかった」
⇒これを「馬鹿の一つ覚え」という。出水市は責任を児相と薩摩川内市になすりつけるつもりだろう
08月27日 母Y 仕事で外出中
19時30分頃〜20時頃 男A 女児Xの頭部を1回、拳で殴った
08月28日 母Y 仕事で外出中
夜 男A 女児Xを病院へ連れて行く「(女児Xは)風呂で溺れた」
女児X 死亡
08月29日00時 病院 警察に通報「風呂場で溺れたという女児Xが死亡した」
司法解剖 溺死、複数の傷
男A 友人に「言うことを聞かなかったから、しつけの一環で怒ってげんこつをしたが、暴行はしていない」「自分の体を洗って目をそらした時に溺れた」
友人「葬儀では泣いていたし、本人は暴行を認めていなかった」
08月31日 鹿児島県警 男Aを逮捕(暴行容疑)
男A 容疑を認める「殴ったことは間違いない」
09月02日 男A 出水署から鹿児島地検に送検される
⇒拳で殴っただけの罪に問われ、溺死は事故扱いとなるのではないか?躾として殴ったことが認められば無罪となる。認められなければ執行猶予であろう。不自然な溺死ではあるが、暴くのは困難で、とんでもないことを自供しなければ無罪

どうして繰り返す?
・児相・自治体・警察の連携がダメ。上下関係があるためか?
・児相に権限を与えすぎていると思われる。無茶だが、アホな児相の権限を無くして、市・警察に仕える組織としてはどうか?
・児相の官僚組織に問題があるように思える。屑の掃き溜めになっている児相の上層部を排除する必要がある。児相の上層部は中央官庁では無能扱いされていても地方では威張っているのか?
・児相は馬鹿すぎて己の姿を鏡で見ることができない
・児相は馬鹿・屑・無知・無能集団に似た指摘がネットに散見する。その児相が市・警察より権限を持つことが元凶か?
・特殊な事案(親が異常過ぎたため)とでも言いたいのか、児相はいつも判断は適切だったと言う
・役人に改革は無理だと思われる。恐らく、今後10人位、同様の虐待死事件があれば、さすがに少しくらいは変わるかもしれない
・役人は自分達が作成したルールの中で仕事を創作し、その仕事をすることで報酬を得るが、その仕事が果たして有益かどうかは不明

児童福祉法33条「児童相談所所長は、必要があると認めるとき…一時保護を行わせることができる」
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws…
⇒所長個人の主観によって、一時保護が可能
虐待死はいつもこの所長判断で失敗することが原因
真偽不明だが「所長始め管理職はいわば『掃き溜め』職員の溜まり場」という人がいる
https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%…
無能と見做された人、出世コースから外れた人の左遷先?教育・児童保護には素人か?




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1909040003

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月05日 
削除:{拳で殴っただけの罪に問われ、溺死は事故扱いとなるのではないか?躾として殴ったことが認められば無罪となる。認められなければ執行猶予であろう。不自然な溺死ではあるが、暴くのは困難で、とんでもないことを自供しなければ無罪}
2019年06月19日「親権者等による体罰禁止を含む改正児童虐待防止法および改正児童福祉法」成立
2020年04月 施行
https://www.kodomosukoyaka.net/report/20190619.htm…
親権者等に男Aが含まれるかは不明だが、躾とは無関係に暴行罪(青痣、複数の傷)で重く裁かれるべきだと思う。
保護責任者遺棄致死罪(3年以上20年以下の懲役)に問えるかどうか?
・男Aは保護責任者か?
・虐待があった場合、不作為とならないだろう
・乳幼児を自動車内に放置して死亡させた場合、懲役2年6月、懲役4年
https://note.mu/uwaaaa/n/n49d5117dfb4a

 No.2  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月05日 
2019年09月04日 児相所長会見 一時保護できなかった理由
⇒厚労省から聞き取りを受けた後の会見であったためか、理由が姑息(言い逃れ)になってきている。いかにも役人らしい。児相・自治体・警察の連携が問題になっている。ごまかさず、事実のまま公表しないと何も変わらない。児相が下手な言い訳をすると信頼関係が崩れ、むしろ悪化する
○児相:当初の言い分
04月10日 警察 4回目の保護
児相 一時保護する方針を決める
○児相:今回の言い分
03月29日 警察 3回目の保護
03月30日 児相 一時保護する方針を決め、母Yに了解を得る「次に警察に保護された際は一時保護する」
⇒改竄さていない議事録を出すべき。1回目で母Yに警告し、2回目で一時保護が必要だったと思われる。なぜ4回目まで待たなければいけないのか?理由を説明する必要がある。4回の根拠は何だ?所長判断だったは勘弁してほしい
04月02日 警察 4回目の保護。一時保護できなかった
児相「一時保護をすることを決めて警察に要請したが、警察が身元を特定するのに時間がかかったため、母Yが引き取ってしまった」
⇒母Yが引き取ろうが、一時保護しなければならない。何という下手で迷惑な言い訳をするのか。作り話をしてはいけない。
次の警察の主張が真実。児相は全く信用できない。児相はでたらめな組織だと思う。
03月29日 警察 3回目の保護。児相に早急な一時保護を警察に委託することを求めた
⇒包括的に受けているわけではないのか?
04月02日 警察 4回目の保護。児相に一時保護するかどうかの判断を求める
児相「女の子が女児Xの可能性があれば、母Yに連絡をとり、引き渡して下さい」
⇒児相には判断力も一貫性も無い。おまけに嘘をつく。
措置権限が児相にあることは仕方がないとしても、警察から一時保護を求める通告を受けた場合、或いは緊急に一時保護の委託を求められた場合、児相はそれらに無条件に応じるルールが必要と思われる。まず一時保護して、詳細を検討した後、問題が無ければ解除すればいいではないか?

 No.3  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月05日 
目黒女児虐待死事件の初公判と本事案の発生が重なっているのは、人知を超えた何かがあるような気がします。変えなければいけない時だと思います。この時を逃すと、本当に10人の生贄が必要になるかもしれないです。鹿児島県特有の事案とは思われないです。児相・自治体はどこも同じだと思われます。変わらなければ必ず同様の事案が繰り返し発生するでしょう。

 No.4  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月21日 
⇒この事件の最大の謎。痣が何によるものかを熟知する病院からの報告!
これは業務連絡ではない。痣がある子供を見て、胸が張り裂けるような思いで、連絡したと思う。この謎の説明があってもいいと思うが、未だ無い。人間の腐りを感じます。人相見ではないが、会見した児相・市職員共に嫌な顔をしている。

 No.5  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月23日 
09月21日 鹿児島地検 処分保留で(起訴・不起訴の判断を保留して)男Aを釈放
県警 任意で捜査を続ける
理由不明:恐らく、期限内に証拠が揃わなかったため、一旦身柄を釈放するしかなかった
⇒暴行罪ですら起訴できないとは悲し過ぎる。遺体Xの頭や全身に殴られたような痕があっても、男Aの供述「殴ったことは間違いない」だけでは裁判にならないということか。

 No.6  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年10月06日 
釈放の意味すること?:
釈放によって児相・市には何の落ち度もなく、正しい判断をしていたことが証明された。当該事案はネグレクトであって、虐待ではない。警察の児相への通告は大げさなだけであった。釈放は、痣が躾によるものであったことを警察・検察が認めたのと同じことだ。児相・市への批判は素人の見当違いである。

別の事案:
女児X(4)
男(34)
母親:Xの実母、男の交際相手
02月 男 女児・母親と鹿屋市で同居(他2人)
05月 男 女児の耳を引っ張る、顔を平手打ち
09月11日 県警 男を逮捕(傷害)
10月02日勾留期限 鹿児島地検鹿屋支部 処分保留で釈放
地検 今後も任意で捜査を続ける
⇒児童に暴行しても釈放されるようだ。殺しても釈放されるのではないか?

 No.7  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年10月07日 
「親権者等による体罰禁止を含む改正児童虐待防止法および改正児童福祉法」施行(2020年04月)を待つしかないようだ

 No.8  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年10月08日 
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56167
「いつも風邪で救急車が出動し、真に必要な時には出払っていて救えた命が救えなかった」
⇒巧い譬えだと思う。自治体と児相の「機能分担」が必要(開業医と総合病院のように)。正しいと思うが、言い訳臭い。事件を調べてみて、大事な時点でミスがあるように思える。当該事案は市職員から警察・児相へ痣について連絡があれば救えた可能性があった。目黒の事案はケース移管が中途半端(指導措置を解除しておきながら、緊急性の高い案件とした)だったためでしょう。香川児相(香川県西部子ども相談センター)のミスだと思われる。



鹿児島県中央児童相談所にコメントをする [ 詳細 ]

ただいま投稿できません。しばらくお待ちください。
ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  公的機関(公的施設)の投稿

ツシマヤマネコ野生復帰順化施設

市民に開放された劇場型消防署

広島の免許センター高速道

末端価格80億円のコカイン4百キロ押収

愛知県警が誤認逮捕

名ばかりの防災施設

XRAIN船橋局

「ここにいてはダメ」話題のハザードマップ

三郷にもあったミニ地下神殿

首都圏外郭放水路

イギリス気象庁

北海道議会新庁舎に喫煙室?

パラオの国会議事堂

とかち広域消防事務組合

捜査支援分析センター

ソロモン諸島国会議事堂

世界初の「MP-PAWR」

鹿児島県中央児童相談所

信号機の墓場

韓国を大アホ呼ばわり

ロシア連邦原子力庁

大韓民国ウォン

朱に交われば赤くなる

パリで史上最高気温42.6度を観測

地域気象観測システム

すベリ棒がある消防署

WTO一般理事会

移民収容施設

神奈川県警警察犬訓練所

旧ブルガリア共産党本部(廃墟)



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006