地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 京急線衝突脱線事故

    京急線衝突脱線事故 掲載日 : 2019年9月7日 
京急線衝突脱線事故  
 投稿者 : 地図好きさん
 カテゴリ : 事故電車
 場所 : 日本/神奈川県/横浜市神奈川区
 座標 (緯度・経度) :
 35.48400974785204 , 139.6435445116355

既出:2019年9月5日 京浜急行で踏切事故、電車脱線
http://earthjp.net/mercury/1909050003.html

経路の謎解きをしようとしたのですが、無理でした。まさかGoogleマップナビの罠にハマったか?側道に入った理由は永久にわからないだろう。

運転手(男、67):運送会社※に勤務、大型トラックを運転、事故歴無、酒は飲まない
※運送会社:(株)金子流通サービス(千葉県香取市佐原)一般貨物輸送・廃棄物リサイクル
https://www.google.co.jp/maps/@35.90966,140.501015…
運転手として20年勤務(大手運送会社)
2018年10月 運送会社に入社

通常の経路
(1)出田町埠頭※にある出荷場※を出発
※出田町埠頭(バナナ埠頭):ケイヒン・上組・デルモンテが青果物の倉庫を置く
※出荷場:(株)上組横浜支店出田町青果センター(横浜市神奈川区出田町2-2)?
(2a)出田町入口交差点を左折、神奈川二丁目交差点でUターンし(或いは右折し、仲木戸駅近くで回る)、東神奈川料金所(上り)から首都高速神奈川1号横羽線に入る(運送会社の指示)
(2b)出田町入口交差点を右折、子安ランプ入口交差点で右折、子安料金所(上り)※から首都高速神奈川1号横羽線に入る
※子安料金所(上り):9月1日〜11月20日、工事のため利用不可

13tトラック(全長12m、幅2.5m)の特定
そもそも大型トラック(10tトラック)の規格※を超えている?
※規格:全長12m以内、全高3.8m以内、最大積載量6.5t以上
事故直前のトラック映像
http://www.news24.jp/articles/2019/09/06/07494227.…
「まず左方向に曲がろうとした」
いすゞ大型トラックギガH18ウイング(12.9t)であろう
8×4?F×2(前2軸)?恐らく8×4だと思われる。
https://www.kaitoriou.net/car/1110
全高が不明。恐らく全高3.5m程度(内寸高2.58m+1m?)であろう。
・バックモニター無
・カーナビ無
2013年07月20日 高さ制限2.8mのトンネルに突っ込んだ車高3.3mの大型バス※
※大型バス:ハイデッカー車高3.5m、2階建車高3.8m
https://matome.naver.jp/odai/2137437090348777801
謎:大型トラックが曲がれるコーナーではないことぐらい見ただけでわかるはずだ
なぜ立往生?
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=2019…

快特 品川〜三崎口
https://youtu.be/2kvV4O22DTI?t=907
子安駅を過ぎて最初の踏切(子安駅近く、新町検車区)から臨む信号機
https://www.google.co.jp/maps/@35.4840023,139.6435…

09月05日04時 トラック 運送会社を出発
08時頃 トラック 出荷場に到着
10時30分頃 運転手 果物660箱(グレープフルーツ・オレンジ・レモン)の積み込み作業
11時30分頃 トラック 出荷場を出発、千葉県成田市の卸売会社への到着予定は13時頃
運転手 出荷場からの運送は4回目(初回は同僚が付き添う)
トラック 出田町入口交差点を左折、神奈川二丁目交差点でUターンせず、右折し、仲木戸駅へ向う。なぜか、第一京浜(青線)に戻らずに、側道※(赤線)に入ってしまった
※側道:線路沿いの狭い路地、スクールゾーン
11時35分頃 トラック 踏切※に到着(事故8分前)
※踏切:事故現場、神奈川新町第1踏切(神奈川新町駅近く)
・幅11m(トラックは全長12m)、長さ20m
・開かずの踏切(11時〜12時の遮断時間は30分)
・快特通過40秒前に警報機が鳴り、遮断機が下がる(19秒で閉まる)
側道は踏切近くで道幅3m(トラックは幅2.5m)となる。
運転手 左折を試みる。何度か切り返し
運転手 通りがかりの京急職員2名(休憩中)に「後方の安全確認を手伝ってもらえないか」
京急職員 バック誘導
運転手「左折するのを諦めた」
京急職員 現場から離れようとする
11時38分00秒 踏切監視カメラ 踏切に侵入しようするトラックを映す(事故5分前)
遮断機が上がり、右折を試みる(1回目)
11時38分05秒頃 遮断機が下り、バーの手前に戻る
11時40分00秒 遮断機が上がり、右折を試みる(2回目)
すぐに遮断機が下り、バーの手前に戻る
11時41分30秒 遮断機が上がり、右折を試みる(3回目)
トラック 大回りして曲がろうとする。後部で一方通行・車両進入禁止標識をなぎ倒して、踏切内に前部が入るが、曲がり切れずに停車。何度か切り返し
快特(下り、青砥発三崎口行8両編成、乗客約500人)時速120km(秒速33m)で走行
11時43分50秒頃 遮断機が下る
障害物検知装置※が作動し、踏切異常専用信号機※が赤点滅
※障害物検知装置(光センサー式)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B8%8F%E5%88%87%E…
https://www.google.co.jp/maps/@35.4809974,139.6392…
※踏切異常専用信号機:踏切から10m・130m・340m手前に設置。340m手前は600m※手前(子安駅、新町検車区)から視認できる
※600m:時速120kmで走行する電車がブレーキをかけてから停止できる距離(制動距離)
⇒踏切(新町検車区)からSVで見ると、左カーブで見通しが悪く、少しだけ見える
京急職員 踏切の非常停止ボタンを押下
近くにいた人 バーを手で押し上げる
トラック バーと荷台が接触する(バーが折れる)も、脱輪しないよう徐行前進
11時42分55秒頃 全体が踏切内に入る。1〜2秒間停止(前輪が脱輪?)後、前進
時刻不明 快特運転士(28)非常ブレーキをかける(位置不明、走行データを分析中)
快特運転士「(踏切異常専用信号を見て)非常ブレーキをかけたが間に合わなかった」
⇒減速が十分されないまま衝突したように見える
乗客女性(先頭車両の真ん中)「急に電車が警笛を鳴らし始めた。警笛が長い間、鳴っているなと思っていた」
乗客男性(4両目)「電車はスピードが出ていて、突然『ボーン』という大きな音」
乗客男性「電車の警笛が20秒くらい鳴っていた」
⇒急ブレーキの証言が無い
11時43分00秒 トラック左後部の荷台に快特が衝突
快特 先頭から3両が脱線
乗客 35人軽傷。病院へ搬送(けいゆう病院6人、横浜労災病院3人)
運転手 意識不明の重体。後、死亡
09月06日04時30分 4〜8両目 車庫に戻される
09時30分 警察 運送会社を捜索(過失運転傷害)
09月07日(土)01時 車両撤去完了
05時 トラック撤去完了
12時 運転再開予定

仮定:第二京浜に向おうとした(踏切で最初左折しようとしたため)
第二京浜に行く場合、出田町入口交差点を右折し、子安通一丁目交差点或いは入江橋交差点で左折すればいいが、出田町入口交差点を左折してから第二京浜に向おうと思い立った。仲木戸駅近くの高さ制限2.8mゲートに気付き回避
謎:会社は高速OKとしているが、何らかの理由で第二京浜に行く必要があったのか?
⇒仮定に無理がある

事故回避の可能性
・障害物検知装置が作動し、踏切異常専用信号機が赤点滅し、即座に手動で非常ブレーキをかけたのなら事故は発生しえない。そのように設計されている。事故が起きたということは赤点滅を視認して警笛を鳴らしても非常ブレーキをかけたタイミングは遅いというしかない。快特運転士にも問題があると思われる。
・障害物検知装置・自動列車制御装置(ATC)連動機能があれば、規定速度以下ならば事故は防げた。
・運送会社が大型車用のナビを使っていたら側道は通らなかった
・運転手は左折を諦めた時点で、警察に通報すべきだった。
・大型貨物通行禁止標識1つあれば防げたと思われる。狭い通学路(スクールゾーン)は、大型貨物通行禁止にすればいい。

専門家が解説
https://www.fnn.jp/posts/00048057HDK/201909051900_…
「ホームにいる客や駅員とか誰か気がついた人がいればホームの緊急ボタンを押す」
踏切の異常検知は作動 自動ブレーキ機能なく
https://www.asahi.com/articles/ASM954S6CM95UTIL023…




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1909070002

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月07日 
踏切異常専用信号機(340m手前)を600m手前で視認することは難しい。直前でやっと見れる
https://youtu.be/2kvV4O22DTI?t=919

 No.2  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月07日 
架道橋の桁下を錯覚したのではないか?
前3回は神奈川二丁目交差点でUターンしていた。仲木戸駅前ロータリーを回るのは初めて。
トラックの全高は大型トラックの規格3.8mであると仮定する。
(1)交通事情で神奈川二丁目交差点でUターンできなかった。
(2)しかたなく、仲木戸駅前ロータリーで回ろうとし、架道橋(桁下4.3M)をくぐり、すぐに交差点で右折してしまう。
https://www.google.co.jp/maps/@35.4768414,139.6342…
もう少し行ってから右折したならば、仲木戸駅前ロータリーを回り、架道橋(桁下4.3M)に戻ることができた
(3)次の架道橋(桁下4.0M)の桁下を、3.8Mと錯覚し(桁下表示も見えずらい)、くぐれないと思った
https://www.google.co.jp/maps/@35.4777084,139.6348…
(4)架道橋(桁下4.3M)に戻ればよかったのだが、側道を選んでしまった。

 No.3  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月08日 
ちょっとしたことだったのだろう。以下が想像される。
神奈川二丁目交差点でUターンできなかったのは仕方がない。恐らく渋滞であろう。
架道橋(桁下4.3M)をくぐってすぐに右折せず、仲木戸駅前ロータリーを回り、架道橋(桁下4.3M)に戻ればよかった。それだけだ。
側道を選んだ理由は、側道のどこかで左折し、左折・左折・右折して仲木戸駅前に戻りたかったのだ。失敗だった。たとえ、架道橋(桁下4.0M)の桁下高さを錯覚したとしても、側道に入らず仲木戸駅前で何とか、架道橋(桁下4.3M)に戻るべきだった。
側道に入るが、路上駐車が左折を阻んだ。何としても一方通行標識(神社近く)の手前で左折しなければならなかったが、やはり路上駐車が阻む。SVを見ても路上駐車の多さを確認できる。
踏切ならば道幅が広いため路上駐車が左折の邪魔にならないだろうと考え、狭くなった側道ながら一方通行を進み、踏切に到達する。しかし、左折を試みるも失敗。
地図/ナビ/現場を一目見れば踏切での右折が難しいことがわかる。最初から踏切を渡るつもりはなく、左折して仲木戸駅前に戻るか、左折後Uターンできたならば踏切を渡ろうとしたのだ。



京急線衝突脱線事故にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  事故の投稿

要救助者落下位置(推定)

2018年「全国交通事故多発交差点ランキング...

ニューヨーク小型機衝突事故

1973年 フランソワ・セベール事故死

ジェットブルー航空292便緊急着陸事故

スパ・フランコルシャンでの死亡事故

京急線衝突脱線事故

溜まった雨水が落下、女性客を流す

軽自動車とゴミ収集車が正面衝突

1999年 玄倉川水難事故の顛末

ワゴンとダンプの正面衝突

掘削機がトンネル貫通して列車と衝突

カンカリア遊園地で事故

1957年 ウィンズケール原子炉火災事故

フェラーリ全焼

小田急が車と衝突、脱線

2006年 首都圏停電

1996年 長征3号B打ち上げ失敗

F-16が倉庫に墜落

さいたま市の魔の交差点

魔の交差点?

惜しい!

TOKYO DESIGN WEEK 2016

2015年 ジャスティン・ウィルソンの事故

2014年 ジュール・ビアンキの事故

犀川スキーバス転落事故

1982年 インディ500予選 ゴードン・スマ...

2001年 越前本線列車衝突事故

2000年 越前本線列車衝突事故の衝突地点

1985年 日本航空123便墜落事故



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006