地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 雪だるまな送電線の鉄塔

    雪だるまな送電線の鉄塔 掲載日 : 2019年9月8日 
雪だるまな送電線の鉄塔  
 投稿者 : ぽこにゃんさん
 カテゴリ : おもしろ画像
 場所 : ハンガリー
 座標 (緯度・経度) :
 47.23578161829762 , 19.39056433916565

ハンガリーにある雪だるま型の鉄塔です。日本もこうゆうのやって欲しいな〜^^




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1909080002

コメント欄


 No.1  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月08日 
公式プレスリリース:ランドマークを暖かみあるもの(例:ニコタン※)する試みに敬意を表し、健全な風景が更に生まれることを望み、世界の現代アーティストに機会提供します
https://freshome.com/2011/11/16/friendly-electrici…
※ニコタン:新発田ガス 2012年9月6日
http://earthjp.net/mercury/1209060003.html

 No.2  投稿者 : でこぼこさん 投稿日 : 2019年09月08日 
たぶん普通の鉄塔よりお金がかかるでしょうね。
日本の電力会社に遊び心があれば良いんですがね。

 No.3  投稿者 : けいさん 投稿日 : 2019年09月09日 
この道路を挟んだ二本だけが雪だるまですね、あとは普通の鉄塔です。

 No.4  投稿者 : 地図好きさん 投稿日 : 2019年09月09日 
ピエロとありました。
次は実在するのか、設計のみかが紛らわしい。わかりやすく区別して記事を書いてほしい。
https://io9.gizmodo.com/these-beautiful-giant-scul…
designed by:デザインのみ?
by:実在する?
写真撮ったら日付と座標を記載してくれ!と言いたい
人間の形をした送電線(アイスランド)は実在しない。デザインのみ。
鹿は実在しない。実在するのかを明記すべきだ。
https://alizul2.blogspot.com/2012/04/extraordinary…
https://mymodernmet.com/electrical-tower-giants-6-…
https://paroucheva.wordpress.com/landscape-wind-to…
https://www.google.com/search?safe=off&rlz=1C1…



雪だるまな送電線の鉄塔にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  おもしろ画像(不思議画像・UFO)の投稿

風もないのに揺れる信号機

湖面に写る飛行機

秩父の山奥に突然現れるオブジェ



階段を上がってカロリー消費

スイカのガスタンク

雪だるまな送電線の鉄塔

泳いでます。

ヘルメットが・・・

海底の巨人

横顔の岩

ハト

おもしろ看板の町

あぶない名前の公園

空飛ぶウサギ

同一機体

養老町の日本列島

オタワにある日本列島

「あの画像」の聖地

完成していた「サクラダ・ファミリア」

加東市の日本列島

枯れ松?いいえ携帯の基地局です

そんなに脚開いて座ったらパンツが・・・

ん?錯覚かな?

屋上から吊るされる男性

「めん類自動調理販売機」

読めますか?

屋根から木が生えている

ソニックのオブジェ

なぜ、長野県で時空の歪みが発生するのか?



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006