地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 沼津

    沼津 掲載日 : 2019年10月24日 
沼津  
 投稿者 : アジャパーさん
 カテゴリ : 災害
 場所 : 日本/静岡県
 座標 (緯度・経度) :
 35.10587475133961 , 138.8618924792791

沼津市は「沼」と「津」、ふたつも「水」に関係する地名ですね。

やはり過去に水害がありました。

都市名の由来
沼津の名は、現存する中では1208年の吾妻鏡が初出である。 当時は狩野川河口が蓼の群生地であったため、蓼原という名もあった(この名前は居住区住所として狩野川河口地域に現存する)。

名の由来は富士山からの地下水のため、沼が多かったことに関係し、同市の浮島沼界隈は今日でも水田の広がる農業地帯だが、弥生時代(3世紀)には既にこの沼地周辺で原始的な稲作が行われるようになったほどの、水の豊富な地域である。ただ同地域は地盤が緩く、このため東海道新幹線は東海道本線よりも北側の愛鷹山麓を迂回する形となった。

この地下水は季節によって水量の変化はあるものの、地下数メートルという浅いところに帯水層が存在する。現在は下水道などの発達により、目に見えて冠水することはないが、かつては水捌けが余り良くないことから、沼津駅西側のあまねガード(半地下式の駅の南北を結ぶ主要道路)が1974年の七夕豪雨の際に水没したほか、1960年代頃までの当市内では地下道や窪地がしばしば冠水するなどの被害もあったという。

なお沼津の津は港に適したなだらかな海岸線を指しており、現在の沼津港界隈をあらわしている。このなだらかな海岸線と狩野川河口近辺の比較的水深のある海という地形は、漁港や交通のための港として利用された。こうして沼津は人の集まるところとなり、沼津宿から駿東郡沼津町(当時の郡役所所在地)を経て、周辺地域との合併により現在の当市の姿になっていった。wikipedia.

名は体を表す、地名は歴史を表す。

不動産会社や土地開発会社は嘘をついて家を売っている。
土地の名を誤魔化すため「何々ヶ丘」とか「何々ニュータウン」とか・・・

家を買う時はそこの元の地名を調べよう。

しかし、新住所や不動産屋が名付ける地域名を認可するのは自治体だから自治体はお金欲しさにグルになるはもうやめよう。




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 1910240001

コメント欄




沼津にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  災害の投稿

南極観測船が支援活動をしていた

ひとり農業の喫茶店が水没していた

沼津

芸備線全線復旧

牛沼

浦和中央青果市場浸水 排水機場は?

高地原橋崩落

台風通過後3日経っても1日2回の浸水被害

明治43年の大洪水時の水位

家族4人が乗った車が串川に転落

台風19号による決壊河川

越辺川堤防決壊

千曲川氾濫による家屋倒壊・流出

1974年 多摩川水害(狛江水害)

こちらの鉄橋も落ちる

鉄橋落ちる

阿武隈川流域浸水被害(伊達市梁川町)

停電で防災倉庫の発電機半数以上使われず

1999年 玄倉川水難事故の顛末

キンズーア橋

あの地震から今日で3年目

東日本大地震遺構・伝承館

佐藤山

島原大変肥後迷惑

野外コンサート会場が津波に飲み込まれる

1959年 マルパッセダム決壊

2018年スラウェシ島地震 液状化

台風25号 まじヤバイ(^^;)

2018年スラウェシ島地震 津波を撮影した場...

2018年スラウェシ島地震 報道された被害の...



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006