地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > オホーツク海/カムチャツカ沖波高し

  オホーツク海/カムチャツカ沖波高し 掲載日 : 2020年8月6日 
オホーツク海/カムチャツカ沖波高し  
 投稿者 : 藪 丈二さん
 カテゴリ : 軍事
 場所 : オホーツク海
 座標 (緯度・経度) :
 48.16599780724517 , 149.0257027433579

1 カムチャツカ沖のロシア原潜の海中戦訓練
ロシア沿海地域情報提供部は2020年8月4日、カムチャツカ・ヴィリュチンスクを母港とするSSBN「アレクサンドル・ネフスキーK-550」は敵潜役のSSBN「ウラジミール・モノマーフK-551」を相手に、カムチャツカ沖で海中戦訓練を実施したと報じました。
なお、この両艦はプロジェクト955ボレイ級原潜です。

ボレイ級原潜のカッタウエー
http://www.hisutton.com/images/BOREI-II_3d.jpg

表示された画面をクリックすると、拡大表示されます。






  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 2008060004

コメント欄


 No.1  投稿者 : 藪 丈二さん 投稿日 : 2020年08月06日 
2 海底ケーブル盗聴作戦
  取っておきの話ですが、1970年代米海軍はシーウルフ(SSN-575)、パーチ(SSN683)
及びハリバット(SSN-587)を情報収集の特殊任務に従事させておりました。

  最初は、ソ連が打ち上げたICBMやミサイルなどの着弾海面の海底から破片などを拾い集め、所要の技術情報を得ておりましたが、1980年前後から、海底ケーブルを盗聴できないかどうかの研究が始まり、ハリバットとシーウルフはオホーツク海へ、パーチはバレンツ海へ派遣し、幾多の困難を克服し、ソ連の海底ケーブルへ盗聴器を仕掛け、数年にわたって超弩級の機密情報収集に成功していたのです。

 この功績によって、これら潜水艦は、最高の栄誉であるPUC賞(大統領殊勲部隊賞)を授賞しています。

 ところが、身内の中のスパイによってこの作戦がソ連の知るところとなり、盗聴器を引き上げられてしまったのです。オホーツク海の海底ケーブルに取り付けてあった録音装置を
ソ連側が発見した時、誰がこれを設置したのかは、疑問の余地はなかったのです。

 全長20フィートのポッドの内部に、「合衆国政府財産」という文字が記されていたからです。この盗聴ポッドの内1基は、最終的にモスクワにある博物館の陳列物になりました。



オホーツク海/カムチャツカ沖波高しにコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。






  軍事(軍事基地)の投稿

ドイツ陸軍戦車部隊増勢

自衛隊のウニモグ

飛行機の墓場

合同訓練で派遣されたF-22

F-35着陸

155mm榴弾砲実弾射撃

3体のステルス機

礼砲部隊

オランダ 国立軍事博物館

韓国陸海空軍統合本部

三沢基地のグローバルホーク

三沢基地のF-35A

ルーク空軍基地のF-35A

バンカーがお好きとしか

カイロの地対空ミサイル発射場

韓国陸軍士官学校

韓国海軍士官学校

サンニコラス島の標的

宇宙監視レーダー設置予定地

原子力推進式巡航ミサイルの発射場所か?

原子力ミサイルのエンジンテストで爆発事故

民間企業の仮想敵機

軍用自動車教習所?

番号で検索できる山

国内唯一の陸上自衛隊対空ミサイル射撃場

世界初の黒鉛炉と重水炉が埋められた場所

オーストラリアに展開するアメリカ海兵隊

テレマークの要塞

オック岬の爆撃跡

不発弾の爆発地点



地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006