地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 行方不明のマレーシア航空機?

    行方不明のマレーシア航空機? 掲載日 : 2020年8月16日 
行方不明のマレーシア航空機?  
 投稿者 : 藪 丈二さん
 カテゴリ : 航空事故
 場所 : マレーシア
 座標 (緯度・経度) :
 12.09007835530636 , 104.1518663592781

既に投稿済みの話題なのかどうかは知りませんが、Yandex記事からの紹介です。

見つからなかった飛行機がGoogleマップで見つかりました。

英国人イアン・ウィルソン氏が、個人でこの航空事故を調査し、「マレーシア航空の航空機が見つかりました」と、述べておられます。

事実
マレーシアの飛行機が2014年3月8日、レーダー画面から姿を消した。 それ以来、ボーイング777の捜索は失敗しています。

実際に生じたこととは異なることが提示されたり、時には報道内容が矛盾していたりしました。 ハイジャックまたは災害?

専門家によれば、航空機は非常に高速度で海水に入る可能性があります。

乗員を含む329人の乗客の運命は今日まで不明のままです。 2017年1月、捜索業務の終了が正式に発表されました。

2018年の衛星画像は、ボーイング型の大きな物体を示しています。 マレーシア航空の経営陣からのコメントはありませんでした。





  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 2008160002

コメント欄


 No.1  投稿者 : 藪 丈二さん 投稿日 : 2020年08月16日 
Googleマップ画像分析
発見者によると、MH370便の消失の手掛かりは、カンボジアのジャングルで探すべきだと言っています。 以前、Sun紙の権威ある版では、アンダマン海の水域で船の輪郭が見えると書いていました。

デイリースター紙によれば、公式版ではボーイングはインド洋に沈んだとされています。 新しい画像は、ターゲットがプルサット州とコンポンスプ州の接続部にあることを示しています。 植生を背景に、翼のある長方形の「葉巻」をはっきりと見ることができます。

イアンウィルソン研究員は、検索ミッションの必要性を主張しています。 2018年に未知のライナーの鮮明な画像が得られたカンボジアの地域で実施されるべきです。

 No.2  投稿者 : ひまじん2世さん 投稿日 : 2020年08月16日 
木々の上にふんわりと置かれたように感じられ、とても違和感があります。一体どういう事なのでしょうか。

 No.3  投稿者 : 藪 丈二さん 投稿日 : 2020年08月17日 
仰るとおり、違和感があります。
気のせいかどうか、機体の後方に、木々の上を機体が擦ったような跡が見えます。

墜落後6年も経過していますので、樹木も変化してしまった事ですから判別が難しいですね。

ただ、不思議に思うのは、このような情報が寄せられたあと、確認のために上空からの査察が行われれば、真偽のほどはすぐ分かっただろうにとは思います。

この密林の中からの運び出しを思うと大変な作業になりそうですね。



行方不明のマレーシア航空機?にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。







地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006