地球探検の旅 - グーグルアースの投稿サイト  


地球探検の旅 > 米空軍監視下、中国軍長射程対艦弾道ミサイル発射

    米空軍監視下、中国軍長射程対艦弾道ミサイル発射 掲載日 : 2020年8月28日 
米空軍監視下、中国軍長射程対艦弾道ミサイル発射  
 投稿者 : 藪 丈二さん
 カテゴリ : 演習海域へのミサイル発射
 場所 : 中国
 座標 (緯度・経度) :
 37.82750539054814 , 95.15796323502096

中国人民解放軍ロケット軍は、中国本土の場所から南シナ海の北端に何発かの弾道ミサイルを発射し、その海域における演習の一部と考えられる対艦攻撃をシミュレートしました。

この事はまた、米国に対する極めて明白なシグナルでもありました。

中国軍が演習の或る特定のフェーズが開始される前に、弾道ミサイル発射に関するさまざまな種類の情報を収集するように設計された米国空軍RC-135Sコブラボールスパイ機が、当該海域に進入して飛行している様を、オンライン飛行追跡ソフトウェアで観察されました。

サウス・チャイナ・モーニング・ポストは2020年8月26日、中国軍がDF-26B1発とDF-21D1発を発射したと報告しました。 米国防当局者はのちに、ロイター通信社へ次のように述べています。

「中国人民解放軍ロケット部隊(PLARF)は合計4発の中距離弾道ミサイル(MRBM)(最大距離が621マイルから1,864マイルの間の弾道ミサイルとして定義)を発射しましたが、米国は、どのタイプのミサイルが発射されたかを決定するために、利用可能な情報の分析及び評価を実施しているところです。」




  Google Earth、地図、ストリートビュー
  Google Earthでみる (KMLファイル)  
 グーグルアースでみるには、あらかじめソフトウェアがインストールされている必要があります。
  インストールされてない方は、グーグルマップでご覧になってください。



Google Mapsで詳細な地図を見る
  
    ツイッターで投稿
NO. 2008280004

コメント欄


 No.1  投稿者 : 藪 丈二さん 投稿日 : 2020年08月28日 
DF-21DとDF-26は双方とも、空母などの比較的動きの遅い大型艦を攻撃するのに十分な機動性を有する弾頭を備えていると理解されています。
中国のメディアは特にDF-21Dを「空母・キラー」と呼んでいます。

サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、中国軍は中国北西部にある青海省のサイトからDF-26Bを発射し、DF-21Dは中国の東海岸にある浙江省から発射されたと伝えられています。 ミサイルは紛争中のパラセル諸島と中国の海南島の間の南シナ海に着弾しました。

これはすべて、中国当局が8月25日に発行した航空会社への通知(NOTAM)の情報と一致します。2つの発射エリアは南シナ海のMRBM範囲内にありますが、発射された武器が実際に MRBMsだったということではありませんが、しかし、米国政府の現在の評価では、そう説明することができます。




米空軍監視下、中国軍長射程対艦弾道ミサイル発射にコメントをする [ 詳細 ]

現在の投稿パスワードは、「」です。

ニックネーム (必須)
投稿パスワード(必須) (★全角★ 数字4桁)
写真/画像 (任意)
(JPEGファイルのみ)
※ 他のサイトなどからの無断コピーの写真は掲載しないでください。
※ 誹謗中傷はもちろんのこと、不快な表現などもご遠慮ください。
コメント (必須)
※ 投稿ボタンは1度だけ押してください。
コメントスパム防止のため他のサイトへのリンクが含まれるものなどは、内容確認後の掲載となります。



※ 投稿内容に間違いがあることがあります。内容の真偽はご自身でご確認ください。
Google EarthはGoogle社の登録商標です。 当サイトはGoogle社とは関係ありません。







地球探検の旅 (旧Google Earthの旅) since 2006